破壊・高額を要する場合のプロセスバリデーションにおけるサンプルサイズのアーティクル

本年1/4付GMP Platformトピック「プロセスバリデーションにおけるサンプルサイズのアーティクル」(How To Establish Sample Sizes For Process Validation Using LTPD Sampling)並びに昨年11/30付トピック「プロセスバリデーションにおけるサンプリングプランのアーティクル」(How To Establish Sample Sizes For Process Validation Using Variable Sampling Plans)の続編に相当するアーティクルです。
 
1/30付「How To Establish Sample Sizes For Process Validation When Destructive Or Expensive Testing Is Requiredと題するプロセスバリデーションにおけるサンプルサイズのアーティクルが掲載されています。
 
関係者・興味のある方は、下記URLのアーティクルをご参照ください。
https://www.meddeviceonline.com/doc/how-to-establish-sample-sizes-for-process-validation-when-destructive-or-expensive-testing-is-required-0001
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます