米国FDA/P2とP3で異なる結果が出たらどうする?

1/18付で米国FDAから「22 Case Studies Where Phase 2 and Phase 3 Trials Had Divergent Results」と題するウェブサイトが公開されています。
「治験のP2とP3とで異なる結果が出てしまった22の事例」といったところですが、開発関係者にとっては有益な情報と思います。
 
関係者及び興味のある方は、下記URLsをご参照ください。

●本ウェブサイトのURL
http://www.fda.gov/aboutfda/reportsmanualsforms/reports/ucm535541.htm

●事例集(pdfファイル)「22 CASE STUDIES WHERE PHASE 2 AND PHASE 3 TRIALS HAD DIVERGENT RESULTS」のURL
http://www.fda.gov/downloads/AboutFDA/ReportsManualsForms/Reports/UCM535780.pdf
 
また本件に関して、1/19付のRAPSが「22 Case Studies Where Phase 2 and 3 Results Diverge: New FDA Report」と題して、記事に取り上げています。
本ニュース記事は、下記URLから閲覧可能です。
http://raps.org/Regulatory-Focus/News/2017/01/19/26646/22-Case-Studies-Where-Phase-2-and-3-Results-Diverge-New-FDA-Report/
 
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます