米国FDA/Laboratory Developed Testsに関する通知

1/13付で米国FDA/CDRHから「Laboratory Developed Tests」と題する通知が発出されています。
 
“Laboratory Developed Tests (LDT)”とは、「一つの試験検査施設内で設計・製造・使用される対外診断試験の一タイプ(A laboratory developed test (LDT) is a type of in vitro diagnostic test that is designed, manufactured and used within a single laboratory.)」と定義されています。
 
今般の通知は、2014年にドラフトガイダンスを発出したものの、その後の検討からガイダンス最終化に代わって、米国FDAの考え方を“Discussion Paper”として提示したようです。
 
関係者・興味のある方は、下記URLをご参照ください。

●本通知「Laboratory Developed Tests」のURL(下記のDiscussion Paperもリンクされています)
http://www.fda.gov/MedicalDevices/ProductsandMedicalProcedures/InVitroDiagnostics/LaboratoryDevelopedTests/default.htm
 
●Discussion Paper「Discussion Paper on Laboratory Developed Tests (LDTs) January 13, 2017」のURL
http://www.fda.gov/downloads/MedicalDevices/ProductsandMedicalProcedures/InVitroDiagnostics/LaboratoryDevelopedTests/UCM536965.pdf
 
また本件について、1/13付のRAPSが「FDA Further Explains Delay on LDT Guidance」と題して、記事に取り上げています。
過去からの経緯等が分かり易く記されています。
ニュース記事は、下記URLから閲覧可能です。
http://raps.org/Regulatory-Focus/News/2017/01/13/26608/FDA-Further-Explains-Delay-on-LDT-Guidance/
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます