「モノづくりの君へ」【第21回(最終回)】

第21回 (最終回)日本のモノづくりはどうなる?どうする? (2/2)
1.MOTHER FACTORY化による知的生産現場への転換の要件
  1)安易なリストラの反省
  2)国内でのインテリジェンスの高い作業者の育成とGLOBAL人材の育成
  3)技術輸出・移転に必要な支援体制・受け入れ体制の充実
  4)人材流動化の為の再教育体制の充実
2.日本は『課題先進国』であるということ...次世代へ切り開く道
3.連載の終わりに

 

 前回では日本を取り巻くモノづくりの環境が大変化し、それに伴って我々のモノづくりも変わらねばならない事を述べた。そのためには日本の生産現場は「知的生産現場」に変らねばならない事、実際の生産は消費されるところでもある海外現地生産現場に任せ、その関係はMOTHER FACTORIY化であることを述べた。
 それでは実際にどうやって変えていくのか、変えていくときの条件は何かについて述べる。 そしてさらに、現在の有様を変えるというだけにとどまらず、さらに成熟国家日本がモノづくりで成長していくために、課題大国日本の特性を活かすべきことを述べ、「モノづくりの君へ」の最終回とする。

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます