米国/通信販売の薬局は対面薬局よりもジェネリック医薬品の使用が少ない

2019年1/17付のRAPSが「Mail Order Pharmacies Can Lessen Generic Usage, Study Finds」と題する記事を掲載しています。
 
ある調査によると、通信販売の薬局は対面薬局よりもジェネリック医薬品の使用が少なかったといった結果が得られたようです。
 
米国内での話ですが、個人的には「へー、そうなんだ」と思ってしまいました。
 
関係者及び興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2019/1/mail-order-pharmacies-can-lessen-generic-use-stud
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます