ソー責のソー肩にはソー当重い責任がのっている!【第1回】


プロローグ
 どのようなお話しをすれば良いか? テーマの締め切りの日もデスクで色々と考えていた。しっくりするものがない。まあ、いいやと近くのスポーツクラブへでかけた。水中ウォーキング1時間である。水は冷たく、心地良い。下半身への水圧の効果で血流も上がり、頭も回転しはじめた。机に座っている時とは違うアイディアが浮かんでくる。来て良かった。冷たい水の中での運動、プールでのウォーキング、気分転換ができる。
 折角こういう機会を頂いたのだから、自分が経験したことをお話しし、読者のお一人でも、そして一つでもお役に立つことがあれば良いと思った。プールを歩く中、浮かんだのが、下のイラストであった。東京医薬品工業協会のGMP委員会の時代に発行した「GQPハンドブック」の中にある。明治製菓(現Meiji Seikaファルマ)の安達健一氏が描いてくれたものだ。(GQPハンドブックは、昨年4月に改訂版が発行されている。)


ソー責のソー肩にはソー当重い責任がのっている!

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます