英国/俺たちに明日はない!

“Pharmacovigilance”関連はGMP Platformトピックスとしては基本的に対象外なのですが、英国EU離脱(Brexit)に伴う医薬品企業への影響ということで取り上げました。
 
5/1付のRAPSによる「UK Pharmacovigilance Post-Brexit: Lots of Questions, Few Answers」と題するニュース記事です。
英国に居住する“Qualified Persons Responsible for Pharmacovigilance (QPPVs)”についての内容であり、本邦に直接的は関係しませんが、Brexitによりこんなことも生じるということでの情報としてお伝えしておきます。
 
GVP関係者のみならず、EU圏内への輸出入等に関わる方及び興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
http://raps.org/Regulatory-Focus/News/2017/05/01/27450/UK-Pharmacovigilance-Post-Brexit-Lots-of-Questions-Few-Answers/
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます