米国FDA/ガン治療と称する不法会社・製品を注意喚起

4/25付で米国FDAから「FDA takes action against 14 companies for selling illegal cancer treatments」及び「Illegal Cancer Treatments: FDA Warning - Fraudulent Claims of Diagnosis, Treatment, Prevention or Cure」と題して、注意喚起文書が通知されています。
 
14社が65品目以上の製品をガン治療と称して不法に取り扱っていたというものです。
大部分はインターネットやSNS経由のようです。
 
日本でも偽造薬が問題に浮上しましたが、この手のインターネットやSNSは更に大きな問題を抱えていますのでご注意ください。
 
興味のある方は、下記URLsのPress Releaseをご参照ください。

●「FDA takes action against 14 companies for selling illegal cancer treatments」のURL
https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm554698.htm

●「Illegal Cancer Treatments: FDA Warning - Fraudulent Claims of Diagnosis, Treatment, Prevention or Cure」のURL
https://www.fda.gov/Safety/MedWatch/SafetyInformation/SafetyAlertsforHumanMedicalProducts/ucm554777.htm
 
 
また本件に絡んで、4/25付のRAPSが「FDA Warns 14 Companies for Selling Fake Cancer Treatments」と題して記事に取り上げています。
興味のある方は、合せてご参照ください。
http://www.raps.org/Regulatory-Focus/News/2017/04/25/27406/FDA-Warns-14-Companies-for-Selling-Fake-Cancer-Treatments/
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます