災害リスクを考慮した医薬品物流を

5/30付のin-Phatma Technologist.comが「Drug industry disaster concerns prompted lab expansion says Intertek」と題する記事を掲載しています。
 
医薬品物流業者による「災害時対策」の話題で、メインは「グローバルスタンダードに沿った温度管理」のようですが、地震・津波のリスクの高い日本にも無関係ではないと思えます。
 
本邦でも偽造薬問題からGDPを法令化し規制要件とするなどの話題が挙がってきておりますが、温度管理はGDPにおいても品質保証のメイン業務かと思います。
 
医薬品物流関係者及び興味のある方は、下記URLのウェブサイトをご参照ください。
http://www.in-pharmatechnologist.com/Processing/Drug-industry-disaster-concerns-prompted-lab-expansion-says-Intertek

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます