• トップ >
  • その他施設・設備関連

その他施設・設備関連

icon_rss.png
  • 2015.11.05.THU

    その他施設・設備関連

    石井 信明

    第1回では、投資の経済性評価について、その目的と基本的な考えを述べた。今回は経済性評価手法の解説を行う。

  • 2015.10.08.THU

    その他施設・設備関連

    石井 信明

    本連載では、投資の経済性評価を中心に、簡単な事例を交えながら解説をおこなう。連載で述べることは、既に古くから知られた事柄ではあるが、投資による価値の創造と企業価値の増大をどの様に理解し評価するか、あらためて考えるきっかけとなることを願っている。

  • 2015.02.23.MON

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    前回までGMPおよびGLP施設に関する省エネルギー手法に関し説明してきましたが、最終回の今回は省エネ対策の推進手法に関して説明したいと思います。

  • 2014.10.16.THU

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    GLP施設はエネルギー消費量で見てみると空調換気設備が大きな割合を占めている。今回はGLP施設の空調換気設備に焦点を合わせ課題と省エネルギー対策について述べる。

  • 2014.02.03.MON

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    今回は医薬品製造設備における省エネアイデアを提示する。筆者はプロセスの専門家ではないため、的外れの指摘になっている可能性もある点、ご容赦願いたい。

  • 2013.12.02.MON

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    GMP施設において、省エネルギー効果が大きい空調熱源と熱搬送機器、システムなどについて解説する。

  • 2013.10.28.MON

    その他施設・設備関連

    高平 正行

    前回(2013年9月、第6回)の感作性・生理活性の強い過敏症反応を示す物質の洗浄バリデーション、及び洗浄剤の使用に引き続き、今回は PIC/S ガイドラインと国際整合性を踏まえた洗浄バリデーションについて解説する。

  • 2013.10.07.MON

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    GMP施設の省エネルギーとして、今回は空調設備について、設計時の配慮と、稼働中設備の省エネポイントの両面から解説する。

  • 2013.09.09.MON

    その他施設・設備関連

    高平 正行

    前回(2013年5月27日、第5回)の洗浄バリデーション手順書の作成、再バリデーション、及び最近のEU-GMPの第3、5、6、8章の改訂案としての交叉汚染の防止に引き続き、今回は感作性・生理活性の強い過敏症反応を示す物質の洗浄バリデーション、及び洗浄剤の使用について解説する。

  • 2013.08.05.MON

    その他施設・設備関連

    田原 繁広

    FDA査察における指摘事例(施設・設備)をもとに、対応例と解説を示す。

  • 2013.07.29.MON

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    前回は省エネの基礎理論(熱編)として電気エネルギーや熱エネルギーについて解説した。今回はこれ等のエネルギーを用いた応用機器に関する事柄を取り上げる。ヒートポンプ技術、コジェネレーション、再生可能エネルギーの利用などについていくつか述べたい。

  • 2013.05.27.MON

    その他施設・設備関連

    高平 正行

    前回(2013年1月28日、第4回)の洗浄バリデーションの検討すべき内容(2)に引き続き、今回は洗浄バリデーション手順書の作成、再バリデーション、及び最近のEU-GMPの第3,5,6,8章の改訂案としての交叉汚染の防止(第3,5章)について解説する。

  • 2013.04.30.TUE

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    本稿では、省エネの基礎理論(熱編)を解説する。熱エネルギーは加熱、冷却操作などのイメージが強いが電気エネルギーへの変換など多様な形態を持っている。熱源設備は、最近の技術革新により格段に性能が向上しており、省エネに貢献しているが、場合によっては効率が低下したままで運転使用しており、残念な結果になっているケースも見受けられる。適切な機器の使用方法などを中心に話を進めていく。

  • 2013.02.04.MON

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    本稿では省エネの基礎理論(電気編)を解説する。"電気"というエネルギーは他のエネルギー形態への変換が容易で、かつ制御が容易であるため、熱・光・動力などの目的で利用が多く身近なエネルギー源である。電気エネルギーを利用する機器類の特性を理解することで電気の省エネルギーを考えるヒントを得たい。また電気で省エネルギーに係わる機器などについて説明する。

  • 2013.01.28.MON

    その他施設・設備関連

    高平 正行

    前回(2012年11月26日、第3回)の洗浄バリデーションの検討すべき内容(1)に引き続き、今回は、洗浄バリデーションに関わる、サンプリング箇所及び方法の選定、定量方法の設定、残留許容限度値の決定等につき、洗浄バリデーションの検討すべき内容(2)として要説する。

  • 2013.01.21.MON

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    省エネルギー対策で施設の無駄、無理、ムラを徹底的に省き、設備管理体制の強化をおこなうことにより、どのような経済環境下でも最小経費で設備運転をすることが大切である。今回は、省エネルギー活動をどのように実践するかについて述べる。

  • 2012.12.03.MON

    その他施設・設備関連

    佐藤 典男

    今回は第1回として、社会一般の動向を記し、筆者の現役時代の経験をもとにGMP施設の省エネの特徴に関して紹介したい。概略であるので全ては紹介しきれないが、簡易になるべく事実に即した形で説明をする。

  • 2012.11.26.MON

    その他施設・設備関連

    高平 正行

    前回(2012年10月1日、第2回)の洗浄バリデーションの概要、残留許容基準、及び法規制に引き続き、今回は、洗浄バリデーションに関わる、対象の設備機器、対象物資の選定、洗浄手順の設定等につき要説する。

  • 2012.10.01.MON

    その他施設・設備関連

    高平 正行

    前回(2012年7月23日、第1回)の一般要件に引き続き、関連する法規制を中心に洗浄バリデ-ションについて概説する。今回は洗浄バリデーションに関わる残留許容基準とその意義や根拠のほか、各国の法規制についても全般事項と共に要説した。

  • 2012.09.10.MON

    その他施設・設備関連

    GMP Platform事務局

    2012年6月18日~22日にドイツ・フランクフルトで開催された『ACHEMA2012』の視察レポート。欧州製薬メーカー(バイエル社、ベーリンガーインゲルハイム社、オクタファーマ社)の工場見学レポートも記す。

102件中 81-100件目