2021.04.09.FRI

再生医療

再生医療等製品の品質保証についての雑感【第24回】

この記事を印刷する

執筆者:水谷 学

再生医療等製品の品質保証についての雑感【第23回】

第24回:再生医療等製品におけるQbDの活用 (1)

【著者セミナー】
同種由来の細胞加工製品における品質設計と外工程に関わるポイント
~生物由来原料の調達からコールドチェーンまで~

※Web受講のみ
●日時:2021年6月10日(木) 10:30-16:30

はじめに
 Quality by Design(QbD)とは、設計による品質の作り込みを意図した開発経緯の概念で、日欧米医薬品規制調和国際会議(ICH)の品質ガイドラインQ8(R2)に基づいています。その手法は、製剤開発をされている方には常識かと思いますが、再生医療等製品の開発・製造においても同じように適用できるかを含め、異なる考え方の構築が必要となると認識します。本稿では、再生医療等製品におけるQbDの位置づけと、その課題について雑感を述べさせていただきます。

● QbDの基本概念と再生医療等製品製造での位置づけ
 QbDとは、デザインによる品質確保であり、より適切な品質を継続的に達成するために、リスクベースおよび科学ベースに基づくプロセスの継続的な改善を示唆しますが、端的には、欠陥率の低下や品質コストの低減を目的に、PAT(工程解析技術)イニシアティブにより、一変(一部変更申請)を含む改善変更が能動的かつ簡便に実施できるシステムの構築と運用であると考えます。このとき、QbDの中心的な役割を果たすのはPATであり、PATによって工程を理解、分析、管理することにより、変動するインプットに対して、プロセスがどのように乱れるか、製品の安全性および有効性にどのように影響するかを評価できることで、製造における損失の回避あるいは回収率の向上などが達成すると考えられています。
 生きた細胞を製品とする再生医療等製品(細胞加工製品)では、変動するインプットに対して、製品の品質に生じる乱れ(ゆらぎ・ばらつき)が大きいため、工程の機械化やスケールアップなどの変更を検討する場合において、製品の安全性および有効性への影響を後付けで評価し、対応することは難しいです。そのため、予めPATにより工程を理解し、製品の安全性および有効性が得られるデザインスペース(DS)を設定することは重要であり、QbDの概念を活用することは有効であると考えます。少なくとも筆者は、重要プロセスパラメーター(CPP)と製品の品質に相関するDSの理解が示せなければ一切の変更が困難となる細胞加工製品の製造では、これらは不可欠な要素であると認識しています。

1 / 2ページ

水谷 学

水谷 学

大阪大学 大学院工学研究科 生命先端工学 特任講師。
1997年群馬大学大学院工学研究科博士後期課程を中退。国立循環器病センター研究所生体工学部にて生体適合性材料の研究を行った後、株式会社東海メディカルプロダクツにて循環器用カテーテルの開発および製造に関わる。2004年より株式会社セルシードにて再生医療に係る開発および品質保証を担当し、臨床用細胞加工物の工程設計や細胞培養加工施設の設計と運用を実施。東京女子医科大学での細胞シート製造装置開発を経て、2014年より現職。細胞製造システムの開発に従事。日本再生医療学会臨床培養士制度委員会委員、H-CARM特定認定再生医療等委員会委員。