2019.11.01.FRI

品質システム(PQS)

GMPヒューマンエラー防止のための文書管理【第26回】

この記事を印刷する

執筆者:中川原 愼也

GMPヒューマンエラー防止のための文書管理【第25回】

手順書(SOP)と記録


※執筆者によるセミナー開催
GMP管理とデータインテグリティ

前回25回掲載【問題】このスライドで不適切な部分はどこか。その理由は何か。

<GMPの基本>

【正解】鉛筆
 理由:①鉛筆で記載した文字は消すことができ、データインテグリティに反する。
    ②作業現場に持ち込んだ場合、芯が折れて、異物となる可能性がある。
以上のことから、スライドは次のように変更した。

<GMPの基本修正版>

 

1 / 3ページ

中川原 愼也

中川原 愼也

高田製薬株式会社生産本部品質統括部門品質統括部長
1984年神奈川県庁に入庁し、1997年国立公衆衛生院(現在の国立保健医療科学院の前身)でGMP研修を受講後、薬務課及び小田原保健所等で医薬品等の製造販売業、製造業の許認可、審査、指導を主にGMP・GQPリーダー査察官として16年にわたり活躍した。その間、MRA(日・欧州共同体相互承認協定)の締結の際のEUの調査、2005年の製造販売承認制度の施行に携わり、PIC/S加盟にあたり、厚生労働省の委員等委嘱を受け、次の活動に参加した。
平成20、21年度 GMP/QMS調査・監視指導整合性検討会委員
平成21、22年度 厚生労働科学研究~GMP査察手法の国際整合性確保に関する研究
2012年に神奈川県庁を退職し、医薬品原薬輸入商社であるコーア商事株式会社で、品質保証部長として国内管理人としてのGQP取決め及び医薬品製造業としての GMP管理を統括した。2015年から株式会社ファーマプランニングにて、GxPコンサルタント業務に携わり、2017年高田製薬株式会社に入社、4月より同大宮工場製造管理者に就任。