2019.04.19.FRI

そのほか

【和訳】ベトナムにおける医薬品事業適格性証明書の発行の手続き

この記事を印刷する

執筆者:グエン・ジュー・ヱン・ティ

ベトナムでは医薬品に業務の重要性を考えて、その取り扱いについての資格を定めている。前回紹介した個人資格は日本の薬剤師資格に比べて広範な業務に適用されることが特徴であった。今回紹介するのは施設に関する資格認定であり、同様に述べたが、今回は医薬品に関係する施設の資格認定制度である。また同様に製造企業から薬局、試験施設等に至るまでの広範な範囲で共通の資格が必要であることを設定していることが特徴といえる。

1 / 1ページ

  • arrow03_off.png先頭
  • 1
  • 最後arrow01_off.png

グエン・ジュー・ヱン・ティ

グエン・ジュー・ヱン・ティ

株式会社シーエムプラスベトナムGMPコンサルタント・バリデーションアシスタント。
国家大学 ホーチミン市自然科学大学を卒業後、 Sanofiベトナムに入社、9年間品質管理部に所属。その後、内資(ベトナム国内資本)製薬会社の品質保証部副部長に就任した。分析業務、変更管理、自己点検、クオリフィケーション&バリデーション、供給者監査、逸脱調査、リスク分析等品質システム及びGMP-GLP-GSPに関連する業務に従事した。