• トップ >
  • 森川 安理の執筆記事一覧
森川 安理

森川 安理(薬学博士)

アンリ・コンサルティング 代表。
大学修士課程で有機化学を専攻後、1977年旭化成工業(株)入社。スクリーニング化合物の合成、プロセス化学研究に一貫して従事。この間薬学博士号取得。その後、医薬原薬の工場長を10年経験。工場長として、米国、イタリア、豪州、韓国の当局の査察および、制癌剤を中心にする治験薬の受託生産を経験。旭化成ファインケム(株)を2013年2月末退職。2013年3月より現職。


※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

森川 安理の執筆記事一覧

icon_rss.png
  • 2017/10/30

    原薬

    前回に引き続き、排ガスの熱回収について考察します。排ガスの熱回収には、二つの方法があります。一つは、燃焼に用いる空気を予熱する方法。もう一つは、供給水を加熱する方法です。小型ボイラーの多くは、後者の方式を取ります。熱交換器を使って排ガスと供給水を熱交換します。この装置は、エコノマイザーと呼ばれています。

  • 2017/09/30

    原薬

    前回、蒸気節約機器として、多重効用缶 (Multiple Effect Evaporator = MEE) 、機械式蒸気圧縮蒸発缶(Mechanical Vapor Recompression Evaporator = MVRE) を紹介し、その熱効率について考察してきました。これらの機器によって、蒸気がどの程度節約できるのは分かりましたが、蒸気はどれほどの値段で製造されるのかが、分からないと費用節約効果を計算することができません。

    さて医薬原薬工場では熱源としてスチームを使っている工場がほとんどです。スチームはボイラーで製造されます。ここでは、ボイラーによるスチームの製造について、コスト計算、ボイラーの構成から省エネについて考察してみたいと思います。

    ※【第30回】(後編)に続きます。

  • 2017/08/25

    原薬

    前回、蒸気節約機器として、多重効用缶 (Multiple Effect Evaporator = MEE) 、機械式蒸気圧縮蒸発缶(Mechanical Vapor Recompression Evaporator = MVRE) を紹介しました。これらの、装置によってどの程度蒸気が節約できるのか、非常に大雑把な計算も述べました。今回は、これらの装置を運転する際、必要になる蒸気量を少し詳しく計算してみたいと思います。

  • 2017/07/17

    原薬

    これから数回に渡り蒸気節約機器として、多重効用缶 (Multiple Effect Evaporator = MEE) 、機械式蒸気圧縮蒸発缶(Mechanical Vapor Recompression Evaporator = MVRE) を紹介したいと思います。

  • 2017/06/19

    原薬

    最近、NIR(近赤外線)による粉体や固体の分析が産業界でいろいろ応用されるようになってきています。NIRスペクトル解析にはどんな特徴があって、製薬業界でどんな応用がなされているのかについて述べてみたいと思います。

  • 2017/05/17

    原薬

    今回は反応モニタリングについて述べます。
    筆者は学生時代新しい有機合成反応を探索する研究室に在籍していました。反応が進行しているのか?終点はどこかを決定する分析手段は、TLCでした。筆者の学生時代(1970年代)、ガスクロマトグラフィーによる反応解析もTLCと共によく行われていました。
    最近in situ スペクトルというものが普及してきています。IR, NIR, Ramanなどの赤外線吸収プローブを反応系に差し込むだけで、赤外線等の吸収率の測定により反応モニタリングをすることができるようになったのです。

  • 2017/04/21

    原薬

    筆者は、電導度計を使って分液操作の自動化を行っておりましたが、前述のようにいろいろな問題がありました。そこで、分液操作の自動化に使えるインライン分析計についてまず考察します。

  • 2017/03/23

    原薬

    気になる製造装置として、最初にマイクロリアクターについて4回に渡り詳細を述べてまいりました。続編を書こうと思い、気になる装置をリストアップしてみましたところ、オンライン、インライン分析装置が多いことに気が付きました。そこで、オンライン、インライン分析装置についてこれから書いてみたいと思います。

  • 2017/02/23

    原薬

    今回もプラント用マイクロリアクターについて、その問題点2点について述べます。
    その上で、これまでの議論のまとめと結論について示します。

  • 2017/01/26

    原薬

    今回は、プラント用マイクロリアクターについて解説します。

  • 2016/12/15

    原薬

    マイクロリアクターのメリットは反応系がミクロであることに集約されることになります。今回は、反応系がミクロであることのメリットについて考えてみます。

  • 2016/11/10

    原薬

    今回は、連続反応の工業的利用について考えてみましょう。連続プロセスのところで解説したように、化学品の大量生産プロセスでは連続反応は多用されています。

  • 2016/10/27

    原薬

    医薬原薬製造に使われる可能性のある装置で、技術動向を注視していく必要があると筆者が思う装置についてこれから述べたいと思います。筆者が注目している機器は、
     マイクロリアクター
     精密密度計
     PATとしての遠赤外分光器、ラマン分光器
    などがあります。今回からは、数回に分けて、マイクロリアクターを取り上げます。

  • 2016/09/15

    そのほか

    筆者はインド料理大好きな人間です。インドに行くといつも2-3kg太って帰ってきます。インド料理は口に合います。辛い料理は大好きですので。ということで今回はしばらく食事の話しにお付き合いいただきます。

  • 2016/08/17

    そのほか

    今回も最近のインドでの仕事で感じたことを書いて行きます。
    第3回は前回に引き続きインドの文化について、人々の生活を中心にまとめます。

  • 2016/07/21

    そのほか

    前回に続き、最近のインドでの仕事で感じたことを書いて行きます。
    今回は、インドの文化に注目し、原薬工場で気づいたことをまとめます。

  • 2016/06/23

    そのほか

    前回2013年に、インドビジネス雑感としてインドについて書かせていただきました。その後インドを何度か訪問し、原薬工場の立ち上げにも立ち会ってきました。インドの仕事で新たに感じたことを書いてみたいと思います。

  • 2016/05/19

    原薬

    今回は原薬の骨格を形成する上で最も大切である、C,N,Oアルキル化反応について議論します。

  • 2016/02/18

    原薬

    今回は、原薬の製造によく用いられている鈴木・宮浦カップリング反応について、筆者の思うところを述べたいと思います。

  • 2015/12/16

    原薬

    前回、反応槽の素材と反応の際の熱収支を計算する総括伝熱係数について説明しました。反応を実施するときの熱収支を計算するためには、総括伝熱係数と、溶液の比熱、反応熱のデータが必要です。今回は総括伝熱係数を使った熱収支の簡単な計算例、比熱計算、反応熱の測定および計算、反応の安全対策について述べます。

40件中 1-20件目