• トップ >
  • 望月 清の執筆記事一覧
望月 清

望月 清

合同会社エクスプロ・アソシエイツ代表。
1973年山武ハネウエル株式会社(現アズビル)入社。分散型制御システム(DCS)を米国ハネウエル社と分担開発。2002年よりPart 11およびコンピュータ化システムバリデーションのコンサルテーションを大手製薬会社にご提供。2009年より微生物迅速測定装置の啓蒙普及に従事。2014年5月より現職。


※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

望月 清の執筆記事一覧

icon_rss.png
  • 2018/06/01

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(11)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を引き続き解説する。

  • 2018/04/20

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(10)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を引き続き解説する。

  • 2018/03/23

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(9)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を引き続き解説する。

  • 2018/02/23

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(8)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を引き続き解説する。

  • 2018/01/19

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(7)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を引き続き解説する。

  • 2017/12/15

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(6)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を引き続き解説する。

  • 2017/11/17

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(5)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を引き続き解説する。

  • 2017/10/20

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(4)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を引き続き解説する。

  • 2017/09/22

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(3)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を引き続き解説する。

  • 2017/08/18

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(2)

    国内におけるデータインテグリティ観察所見を解説する。

  • 2017/07/17

    CSV

    FDA 483におけるデータインテグリティ指摘(1)

    データインテグリティ対応をどのレベルまで行うべきかは、FDA 483に記載されたObservation(観察所見)を参考にするとよい。FDA 483に記載された国内外におけるデータインテグリティ観察所見を連載にて紹介する。

  • 2017/06/19

    CSV

    データインテグリティの是正(2)
    ウォーニングレターにおける常とう句

    ウォーニングレター常とう句「データインテグリティの是正」の後半
    B:現時点におけるリスク評価
    C:経営戦略
    を紹介する。

  • 2017/05/15

    CSV

    データインテグリティの是正(1)
    ウォーニングレターにおける常とう句

    データインテグリティ不適合の是正方法が、データインテグリティを指摘したFDAウォーニングレターに2016年5月以降記載されるようになった。同様の内容はPIC/S査察官むけのデータインテグリティガイダンスにも記載されている。

  • 2017/04/13

    CSV

    PIC/Sのデータインテグリティガイダンス(6)

    今回はPIC/Sのデータインテグリティガイダンスの最終回として、以下を解説する。
    第9.7節 電子データの保存、アーカイブ、廃棄
    第10章 業務委託におけるデータインテグリティ留意点
    第11章 データインテグリティ指摘に対応した規制措置
    第12章 データインテグリティ不適合の是正

  • 2017/03/09

    CSV

    PIC/Sのデータインテグリティガイダンス(5)

    今回は下記章の「監査証跡」から「データレビュー」までを解説する。
    第9章 コンピュータ化システムにおけるデータインテグリティ留意点

  • 2017/02/09

    CSV

    PIC/Sのデータインテグリティガイダンス(4)

    今回は下記章の前半、「システムセキュリティ」までを解説する。
    第9章 コンピュータ化システムにおけるデータインテグリティ留意点

  • 2017/01/12

    CSV

    PIC/Sのデータインテグリティガイダンス(3)

    今回は下記の章を解説する。
    第8章 紙ベースシステムにおけるデータインテグリティ留意点

  • 2016/12/09

    CSV

    PIC/Sのデータインテグリティガイダンス(2)

    今回は下記の章を解説する。
    第6章 データインテグリティに対する組織の影響
    第7章 データインテグリティの一般原則と実現の鍵

  • 2016/11/10

    CSV

    PIC/Sのデータインテグリティガイダンス(1)

    2016年8月10日に公開されたPIC/Sのデータインテグリティガイダンス(ドラフト)を連載にて解説する。対象規制領域はGMPとGDPである。
    本ガイダンスは査察官向けであるが、企業にとっても有益なことが多数記載されている。例えば、データインテグリティに関する社内監査や、業務委託先や供給者の監査において活用することができる。

    今回解説する範囲
    第1章 文書履歴
    第2章 はじめに
    第3章 目的
    第4章 適用範囲
    第5章 データガバナンスシステム

  • 2016/10/13

    CSV

    FDAのデータインテグリティガイダンス(4)

    前回に引き続きFDAのデータインテグリティガイダンス(ドラフト)を解説する。
    第4回の目次(第3章 Q&Aの続き)
    ・製造管理記録への電子署名
    ・電子データはいつCGMP記録になるか
    ・システム適合性テスト等に実サンプルを用いる問題
    ・クロマトグラフィー再処理の記録
    ・品質課題の内部告発
    ・データインテグリティの教育
    ・FDA調査官は電子記録を閲覧できるか
    ・データインテグリティ課題への取り組み

41件中 1-20件目