新技術

icon_rss.png
  • 2014.10.27.MON

    その他

    熊谷 文男

    グローバルにビジネスを展開する企業にとって、それを担う人財を計画的に育成し、継続的に輩出していくことが、ビジネスの成否を決める重要な鍵となる。  前回は、「語学力」について考えてみた。今回は、「コミュニケーション力」と「ビジネス力」の観点から人財育成を考え、具体的な研修内容を取り上げることにする。

  • 2014.10.16.THU

    その他

    隠居 孝志

    社会の価値観の変化に合わせ、自らの使命を果たすために、制度や規則などを柔軟に革新し続けることが、高野連に求められている。 革新がなければ衰退する。それは、あらゆる企業、あらゆる団体に共通する普遍の真理なのである。

  • 2014.10.09.THU

    その他

    隠居 孝志

    「高校野球は教育の一環である」という美名を盾に、自分たちの世界を古い体質のまま維持しようとする、自分たちのカルテルの権益を守ろうとする。いつか野球というものが、社会の進歩やスポーツ界の進歩から取り残され、社会から疎外され、化石となるのではないかと危惧している。

  • 2014.10.02.THU

    その他

    隠居 孝志

    高校球児たちにとって、甲子園大会に出場するかしないかが、今後の野球人生に大きく影響する。 ならば、どこの地区のどの高校を選び、どのポジション、どのようなタイプの選手であればいいのか、ということが大事なことになる。 結論から言えば、予選の試合数の少ない地区(都道府県)の強豪校である。県外の高校を選ぶのであれば、私立高校となる。私立高校のうち、少子化対策で熱心に誘ってくれる大学付属の私立高校となる。

  • 2014.09.25.THU

    その他

    隠居 孝志

    私の部屋から、近くの公立高校のグランドが見える。硬式野球部、サッカー部、女子ソフトボール部の共用グランドである。この野球部は夏の大阪府予選大会だけしか公式戦には出場できない。選手の数が足りないからである。それでも、選手たちは毎日、グランドで練習している。

  • 2014.09.22.MON

    その他

    隠居 孝志

    多くの高校野球ファンは、高野連と新聞社を中心とした加齢臭漂うようなカルテルに違和感・嫌悪感を覚え、高校野球は純粋な教育論理だけでは到底成り立たない現実を、十分承知している。 それでも、高校野球を愛してくれる。 しかし、これ以上、それに甘え続けていたら、革新はない。

  • 2014.09.22.MON

    その他

    熊谷 文男

    グローバルにビジネスを展開する企業にとって、それを担う人財を計画的に育成し、継続的に輩出していくことが、ビジネスの成否を決める重要な要因となる。 前回は、「グローバルビジネス」の定義を行い、「グローバル人財」の理想像を描いた。今回は、その理想像に向かって、「語学力」の観点から人財育成を考えることにする。

  • 2014.09.01.MON

    その他

    野崎 征彦

    実践で教育をしていくとき、教育体系例やさらに実務者レベルの効率的教育実践法の例を挙げ、その運用法並びに留意点を示すとともに、幹部・管理者養成のために強いMIDDLEの要件について述べる。

  • 2014.08.11.MON

    その他

    熊谷 文男

    今回からは、「グローバル化対応」というテーマで話を進める。 「グローバルビジネス」の定義を行い、つぎに、「グローバル人財」の理想像を描き、その理想像に向けての人財育成を考えてみる。

  • 2014.07.14.MON

    その他

    熊谷 文男

    今回は、「ワークライフ・バランス」というテーマで話を進めることにする。「ワークライフ・バランス」とは、「ワーク(仕事、職業生活)」と「ライフ(生活、個人生活)」とを対立的にとらえて、両者の量的バランスの調整・回復を目指すものである。最近では、さらにその考え方を一歩進めて、自らの人生観を軸に「ワーク」と「ライフ」を高い次元で融合し、両者の充実を求め、生産性や成長拡大を実現するとともに生活の質を高め、充実感と幸福感を得るなどのシナジー効果を目指す働き方として「ワークライフ・インテグレーション」という言葉が登場している。今回は、厚生労働省が少子化問題、格差問題、労働力不足への対応策の「憲章」として推進し広く世に知られている「ワークライフ・バランス」という用語を使うが、内容としては「ワークライフ・インテグレーション」について述べる。

  • 2014.07.07.MON

    その他

    野崎 征彦

    モノづくりには製品をつくるだけでなく人づくりが重要であること。人づくりの現状の課題、そして5年後モノづくりの現場に必要な実務者・管理者について筆者が描く人材像を提示する

  • 2014.06.09.MON

    その他

    福永 修司

    医師主導治験の開始により、医薬品の開発は製薬会社だけの仕事ではなくなりました。よって、臨床で使用している医薬品の副作用に目を配るだけでなく、医薬品の特性を加味した新たな適応や剤形の検討も重要となってきており、医師主導治験の普及や多数ある薬効や剤形の適切な評価が、医療機関の現場で必要になってきていると感じます。製薬会社と医療機関、それぞれ立場は異なりますが、患者を想う気持ちを共有する同士として、情報共有を進めて行くべきなのではないでしょうか。

  • 2014.05.19.MON

    その他

    熊谷 文男

    「2 多様性のマネジメント」というテーマで進めてきたが、副題である「多様性こそ企業発展の原動力」の意味するところを述べてみたい。同時に、「ダイバーシティー・マネジメント」について、とくに、日本企業や日本人が不得意としている「コンフリクト・マネジメント」についても考察したい。

  • 2014.05.12.MON

    その他

    野崎 征彦

    注意すべき現場の実践マネジメントとして、最後にいくつかの語録を紹介する。

  • 2014.04.14.MON

    その他

    熊谷 文男

    これまで、「1 人事マネジメントと戦略 『人事管理から人事マネジメントへ』」というテーマで話を進めてきたが、今回からは、「2 多様性のマネジメント 『多様化こそ企業発展の原動力』」というテーマに移って行くことにする。多様性には、生物学的なものと社会学的なものがある。今回、話題として取り上げるのは、もちろん、後者であるが、人種の様に前者とも区別がつかないものもありそうである。

  • 2014.03.03.MON

    その他

    野崎 征彦

    モノづくりのマネジメントを推進する際、実践上必要なことをいくつか述べる。

  • 2014.01.14.TUE

    その他

    日比 徹

    前回第2回目では、50歳半ばからのアメリカ勤務時代の経験談をお話しさせて頂きましたが、最終の第3回目では、アメリカ勤務時代の経験等も踏まえ、筆者の視点で見たアメリカの製薬事情についてお話ししようと思います。

  • 2014.01.06.MON

    その他

    野崎 征彦

    モノづくりのマネジメントを推進する際、実践上必要なことをいくつか述べる。

  • 2013.12.09.MON

    その他

    株式会社ファーマプランニング

    SMO(Site Management Organization)と呼ばれる治験支援機関は、治験コーディネーター(CRC:Clinical Research Coordinator)と事務局支援者(SMA:Site Management Associate)を有し、治験の推進に貢献している。

  • 2013.12.02.MON

    その他

    熊谷 文男

    今回は、人事関連マネジメントが経営そのものであり、将来を決する重要な責務であり、経営とは切り離すことができないことを再確認してみたい。とくに、人財開発・育成の観点から深掘りをしたい。

1191件中 1121-1140件目