PHARM TECH JAPAN Worldwide News Topics 2012年11月号

ガイダンス関連

FDA
1)溶出試験法のデータベースを発表:米国FDA
:ジェネリック医薬品開発業界関係者の支援有効成分の検索,2種の有効成分配合時の検索可能,最終サンプリングポイントでの溶出推奨値は表示量の少なくとも70~85%
FDA dissolution methods database
GMP News, September 5, 2012
 
2)輸血/二次加工用人血の保管と試験要件の改定
:解凍した新鮮凍結血漿を16℃で24時間保管可能,HIV/HCV抗体試験陽性者ではHIV/HCV試験不要,注射以外の製品の製造で使用,改定版およびガイダンス原文入手先:
US FDA revises blood storage and testing rules for manufactures
in-Pharma Technologist. com, August 29. 2012
 
3)ウェブサイトでの製品回収情報発表の様式変更
:製品一覧,事象一覧,印刷用一覧,CSV様式,回収区分未定の医薬品回収情報の別個表示,「製品回収情報ナビゲーションおよび定義」のページのアドレス:
Enforcement Reports
 
EMA
1)GMPおよびGDP証明書の新規テンプレートを公表
:共同体手順集の改定,卸売販売用物流承認,GDP証明書, GDPノンコンプライアンス公知用新テンプレート,有効成分製造作業査察情報入力に対応,改定手順集原文の入手先:
New templates for GMP and GDP certificates published by EMA
GMP News, August 29, 2012
 
2)EMAのプロセスバリデーション方策は米国FDAの方策に収束
:連続プロセスバリデーションの方策を推奨,システムの検証,組織全体への展開,EMA:最小限3バッチを対象,FDA:具体的なバッチ数未規定,FDA:原薬/バイオ医薬品が対象,EMA:市販用製剤が主対象
EMA's approach to process validation moves closer to U.S. FDA's stance
Z. Brennan
Int. Pharm. Reg. Monitor, September, 2012
 
EC
1)GMPガイドライン第1章,第7章および付属書2の改訂版を発表
:2013年1月31日から発効,①第1章(医薬品品質システム),②第7章(外注活動),③付属書2(生物学的活性物質およびヒト用医薬品の製造),原文入手先:
Publication of chapter 1, chapter 7 and Annex 2 of the detailed guidelines of the good manufacturing practices
 
中国
1)医薬品添加剤監視強化規則を公表:中国FDA
:医薬品管理法が基本,医薬品添加剤の品質保証,製品品質の保証,区分ごとの添加剤マネジメント,添加剤の製造/使用プロセス全体の監視強化,信頼性マネジメント機構の設定,IPECガイドラインの内容との整合性,中国語原文入手先:http://www.sfda.gov.cn/WS01/CL0844/73959.html
SFDA published regulation of strengthening supervision on pharmaceutical excipients 
 
2)医薬品迅速試験技術の研究開発促進に関する指導原則を発表:中国FDA
:ガイドライン/目的/主要タスク/責任/保証の規定,医薬品監視効率の改善と保証
SFDA issues guiding opinions on promoting research and application of rapid drug testing technologies 
 
韓国
1)バイオ医薬品の規格と試験法に関する通知
:薬事法第52条(1),通知(No.2012-62),第1条(目的),第2条(一般通知および要件),付属書第2表(製剤の一般要件),付属書第3表(ワクチン製剤の一般要件),付属書第4表(血液製剤の一般要件),付属書第5表(バイオ医薬品のモノグラフ),付属書第6表(一般試験と定量法)
South Korea - KFDA notification No. 2012-62: specification and test method for biological preparations, 24-Aug-2012 
Drug Global Regulatory Activity Digest, September 11, 2012
 
フィリピン
1)フィリピン査察官の権限
:正当な時間内での施設/倉庫/事業所への立ち入り,正当な方法での原材料/容器/表示材料の査察,必要に応じての施設内での写真撮影/文書類の複写/必要に応じての医薬品包装/容器の開梱検査/サンプルの収去/製品の押収/保管
Authority of FDA inspectors
 
2)品質欠陥に由来する緊急警告処理に関するガイドライン
:勤務時間外での警告発出手順,緊急警告発出基準(クラス1/クラス2/クラス3),緊急警告通知様式/
伝達方法,緊急警告連絡先リスト,虚偽/偽造製品,追跡調査措置
Guidelines for handling rapid alerts arising from quality defects
 
アルゼンチン
1)生物学的利用能および生物学的同等性試験の要件に有効成分のリストを追加
:有効成分リスト(補遺1),生物学的同等性試験実施期間の指定(補遺2),比較参考製品リスト(補遺3),決定事項第758/09号
Disposition 4788/2012: adds list of active ingredients to the bioavailability/bioequivalence requirements
DIA Global Regulatory Activity Digest, August 30, 2012
 
デンマーク
1)企業承認書の有効期限削除
:デンマーク保健医薬品管理当局(DHMA),医薬品卸売り販売/多幸症誘因物質関連業務の承認,承認書内容に影響する変更,薬局非専用医薬品の小売販売,血液銀行業務,病院における放射性医薬品の取り扱い,非臨床試験の実施
Company authorizations issued without expiry date
 
オーストラリア
1)医療用医薬品についてのリスクマネジメント計画:TGA 
:オーストラリア保健省医療製品局(TGA),質疑応答集,共通技術文書モジュール1.13,EUガイドライン第9A巻,製品の安全性プロファイル,原文入手先:http://www.tga.gov.au/pdf/pm-risk-management-plan-qa.pdf
Risk management plan (RMP) questions & answers
 
2)血液および組織のGMP基準改訂計画を発表
:TGA,現行基準からの移行期間,細胞治療用製品,感染症伝染の試験と最小限化の要件,行政ガイドライン(ARGB)
Revising the Code of GMP for blood and tissues 

GMP関連

1)ANDA27件の承認を取り消し:米国FDA
:ランバクシー社,永続製造禁止命令,同意判決,セファクロール,セファドロキシル,ジスパーモックス,パニキシン,ラミプリルカプセル,メトホルミン塩酸塩,プラバスタチン・ナトリウム錠
US FDA withdraws 27 ANDAs of Ranbaxy Laboratories
Pharmabiz.com, August 22, 2012
 
2)バイオ医薬品への厳しい気候条件の影響
:保存温度の影響,一時的な停電/洪水,製品の廃棄,特別な保管条件,保管温度制御システムの機能不全,熱電対の設置,ドライアイスでの包装,定期的な庫内温度記録
Impact of severe weather conditions on biological products
by CBER
August 30, 2012
 
3)抗生物質製造で家庭からの廃油を使用したことで告発:中国製薬グループ
:廃油再処理,抗生物質中間体の製造,7-アミノセファロスポラン酸(7ACA),焦作Joincare Biological社,カルバペネム系抗生物質の製造,SFDA
Chinese drugmaker accused of using cooking oil in antibiotic production 
Outsourcing-Pharma. com, September 3, 2012
 
4)医薬品成分の適格性評価を要求:中国FDA
:中国食品医薬品監視局,低品質成分,原料入手先,供給業者の監査
Authority demands qualified medicine ingredients
China Daily, September 2, 2012
 
5)製造委託先の適格性評価と監査についてのアドバイス:米国FDA
:企業組織図,清浄度区分/製造作業区域の図面,中間製品/最終製品の規格,社外業務委託先企業の名称/所在地,一時隔離保管中のロットのリスト,苦情/有害事象報告書,不具合原因調査/プロセスでの逸脱,不具合原因調査結果,製品回収
FDA tells drugmakers to use its inspection checklist on CMOs
by J. Rickman
Drug GMP Report, September, 2012
 
6)生物製剤での逸脱報告書はそのまま製品回収につながることがある
:CBER,電子直接回収区分プログラム,生物製剤逸脱電子報告書(eBPDR),直接回収区分(DRC),事例マネジメント部,FDA様式3486
Biological deviation reports may spur 'direct' recall: CBER officials
by J. Rickman
Drug GMP Report, September, 2012
 
7)効果的な環境モニタリングでは連続実施と正確さがポイント
:モニタリング方法の開発,温度/湿度/差圧/気流,洗浄/清浄化,教育訓練の有効性,簡潔に記載した手順書,環境システム清浄度の定期検査,483文書,一時的逸脱の認知,根本原因調査の証拠,是正予防措置の文書化
Continuity, accuracy key to effective environmental monitoring, expert says
by J. Rickman
Drug GMP Report, September, 2012
 
8)バイオシミラーに対するFDAの見解
:メールバッグ,CDER長官の見解,ヒト/動物由来の原料,既承認のバイオ医薬品,高度の類似性,ドラフトガイダンス,患者保護・医療費負担適正化法,生物学的価格競争・革新法(BPCI法)
Can you tell us about the FDA's position on biosimilars?
CDER Director's MailBag
 
9)抗生物質92品目などのOTC販売を禁止:インド政府
:医薬品管理庁長官,医薬品化粧品規則付帯条項H1,小売業者の抜き打ちチェック,ニューデリー・メタロβラクタマーゼ-1(NDM-1),薬剤耐性菌
Government to ban over-the-counter sale of 92 antibiotics
The Economic India Times, September 4, 2012
 
10)行政当局の嫌疑を動機として品質向上を志向:ノバルティス社
:FDA警告書の受領,行動規範,プロセス改善/設備近代化,欧州医薬品庁の査察,データ取り扱い齟齬
Under regulatory cloud, CEO says Novartis must boost quality
by E. Palmer
Fierce Pharma Manufacturing. com, September 5, 2012
 
11)環境汚染スキャンダルで製薬工場を移転:中国ハルピン製薬グループ
:中国黒竜江省,環境保護庁,旧工場地域拡大/居住地域の構築,地域住民の苦情,環境保護要件不適合,不適切な原料資材の保管,毒性廃棄物の焼却
Pharmaceutical plant to relocate after pollution scandal
China Daily, September 5, 2012
 
12)国外査察に注目:米国FDA
:国外施設立入許可要請能力に限度,抜き打ち査察の実施困難,経費負担の増大,米国会計検査院(GAO)の報告書,ジェネリック医薬品ユーザーフィー法2012年修正版(GDUFA),査察回数増加の可能性,査察報告書の共有
FDA eyes more foreign inspections
by S. Sutton
Pharm.Tech. Europe, September 4, 2012 
 
13)査察を受けるときに注意すべきポイント
査察担当者の人物理解,Form FDA 482(査察通知書),査察官の資格提示,プロの意識,前向きな姿勢,「合格」の意味,NAI(措置指示なし),VAI(自主的措置指示),OAI(強制措置指示),査察の「共同管理」,原文入手先:
What to expect when they're inspecting - part I
by H. Scott
Master Control, Newsletter, quality lifeline, Summer, 2012
 
14)フロリダの薬局2店舗の管理物質処方許可を取り消し:米国麻薬取締局(DEA)
:医療用医薬品乱用禁止法違反,麻薬類の大量処方,薬剤師の再研修,捜査令状交付,管理物質処方化
U.S. revokes drug licenses for 2 Fla. CVS pharmacies
USA Today, on-deadline, September 11, 2012
 
15)CDERの再組織化を計画中:米国FDA
:ジェネリック医薬品局(OGD),CDER長官覚書,ユーザーフィー法実践状況の監視,ライフサイクル全体での医薬品品質監視
FDA planning CDER reorganization.
DIA Daily, September 12, 2012
 

製剤技術関連

1)自己注射装置の開発
:米国ウェスト製薬サービス社,J&Jグループ,Self Dose,ユーザー自身での注射
West teams with J&J unit on self-injection device
by G. Macdonald
in-Pharma Technologist. com, September 5, 2012 
 
2)打錠時のスティッキング
:ファン・デル・ワールス力,毛細管現象,静電気,臼杵表面の粗さ,ピッキング,打錠速度の低下,圧縮時間の延長,アンチ・スティッキング用表面コーティング,多変量解析
Tackling tablet sticking
by R. Blanchard, and C. Roberts
Pharm. Tech. Europe, September 1, 2012
 
3)使用前のフィルター完全性試験の実施可否
:単回使用フィルター,使用前で滅菌後の試験,FDAの無菌プロセスガイダンス,EU-GMP付属書1,滅菌によるフィルターの損傷リスク,通過経路の変化,ガンマ線照射滅菌,リスクアセスメントによる判断
Pre-use filter integrity testing: to test or not to test?
by J. Martin
Pharm. Tech. Europe, September 1, 2012
 
4)新しい徐放性ハイドロゲルで糖尿病治療用注射が年に2回となる可能性
:英国ケンブリッジ大学,ククリルビツル(カボチャ型の分子),セルロースポリマー,治療用薬物の負荷,タンパク質の活性持続,ゲルによる封じ込め,バイオ治療薬物の放出遅延制御,
New sustained release hydrogel could mean twice-yearly injections for diabetes
by N. Morrison
in-Pharma Technologist. com, August 16, 2012
 
5)薬物送達の将来:無線制御のマイクロチップによる薬物送達
:皮下注射の代替法,無線によるプログラム制御,移植可能なマイクロチップ,生体との整合性確認,12カ月以上の機能持続
The future of drug delivery: wireless microchip-based drug delivery
by P. V. Arnum
Pharm. Tech., August 1, 2012
 
6)リピドを応用した苦味隠蔽用コーティングの新技術
:ドイツの研究チーム,70%が水または有機溶媒,プロセスの補助剤,処理時間の節約,リピドが安定なβ型へ変化,口腔内崩壊錠への適用
Hermes partners to develop test masking, particle coating tech
by G. Macdonald
in-Pharma Technologist. com, September 10, 2012

原薬関連

1)大腸菌によるタンパク質製造技術
:アーカンサス大学,グリコシル化タンパク質,BMS社の運用,Lotus cell lineの利用
Big pharma signs up for speedy E.coli protein production tech
by N. Morrison
in-Pharma Technologist. com, September 3, 2012
 
2)製薬企業が購入するかぎり低品質の原薬製造が継続する:WHO
:中国での低品質原薬製造,監視方策の不整合,法規施行の弱点,製造施設査察能力の欠如,行政当局によるGMP適合保証,中国でのQ7-GMPの採用
Substandard APIs will be made as long as pharmas keep buying them, says WHO
by G. MacDonald
in-Pharma Technologist. com, September 3, 2012
 
3)遺伝子を組み換えたラクダの乳から医薬用タンパク質が製造できる可能性
:ドバイのラクダ繁殖センター,代理母のラクダに胚移植,新しい行政規則による動物保護,新規動物用医薬品該当
Genetically modified camels could produce pharma proteins in their milk
by N. Morrison
in-Pharma Technologist. com, September 10, 2012

警告書関連

1)医薬品メーカーへの警告書
:ニュージャージー州,軟膏剤6ロットの無菌性欠如,調査結論の正当性が疑問視,水浴の菌汚染,不適切な無菌操作,品質保証部門による監視,教育訓練,作業室の設計内容/設備適切性/環境モニタリングプログラム/汚染発生時調査システム/作業区域清浄度区分の詳細評価
Warning Letter: 12-NWJ-21; DPT Lakewood, LLC
 
2)医薬品メーカーへの警告書
:フロリダ州,静注用バイアルの購入と再包装,Streptococcus属の菌検出,プロセスバリデーション不備,職員個々の適格性評価,環境モニタリング不備,床にある電線・装置が清浄化の支障,過剰の物品保管,作業員を介した汚染物質の移動,無菌でない手袋の装着,手袋と作業衣の袖のあいだから肌を露出,最終製品試験未実施,温度計未校正,記載された製造日の齟齬,ヘアネット着用不備
Warning Letter: FLA-12-37; Infupharma, LLC
 
3)医薬品メーカーへの警告書
:中国江蘇省,無菌ワイパー,Burkholderia cepacia/B.pseudomallei/Staphylococcus intermedius汚染,滅菌
プロセス不備,生物指標適切性未確認,滅菌サイクル適切性未確認,USP未収載の静菌試験法使用,入荷ロットの確認試験未実施,業者分析証明書への依存,安定性試験未実施,滅菌プロセスバリデーション不備
Warning Letter: 320-12-021: Jiangsu Province Jianerkang Medical Dressing Co.
 
4)医薬品メーカーへの警告書
:アイオワ州,ひげそり片とみられる異物混入,苦情原因調査不備,入荷原料確認試験未実施,供給業者作成の分析証明書信頼性未確認,アンケート送付による業者適格性評価
Warning Letter: KAN 2012-11: Grato Inc.
 
5)医薬品メーカーへの警告書
:英国,汚染防止対策不備,ラインクリアランス実施不備,ガラス片混入原因調査不備,薬液所定量未充填,秤量・添加プロセスバリデーション未実施,有効成分含量変動管理不備,試験記録不備,分析機器適格性評価計画書未作成,機器校正基準設定不備
Warning Letter: 320-12-022; A Nelson & Co., Ltd
 
6)薬品メーカーへの483文書
:カリフォルニア州,HEPAフィルター平均気流速度計算法未記録,フィルター修復後の適否判定基準文書化不備,スモークテスト不備,目視検査時の照度実測値未記録,清浄化手順書不遵守,管理職によるデータ照査不備
483:Alliance Medical
 
7)医薬品メーカーへの483文書
:ミシガン州,品質管理部門による原因調査不備,規格不適ロットの処置不備,製造管理手順書不遵守,齟齬発生時の調査不備
483:Tower Laboratories
FDAnews Form 483s
 
8)医薬品メーカーへの483文書
:ユタ州,滅菌プロセスバリデーション不備,検査員研修手順不備,バリデーションプロトコル変更不備,気流パターン評価不備,プロセス管理手順書不遵守,安定性試験記録不備,設備校正不備,設備保全不備
483:Fresenius Medical Care
FDAnews Form 483s
 
9)医薬品メーカーへの483文書
:テキサス州,バリデーションでのサンプリング不備,品質部門の責任と手順不遵守,二層錠剥離発生未記録,軽微欠陥適否判定基準不備,混合工程のサンプル試験未実施,プロセスバリデーションのパラメタ設定不備,スプレッドシートのバリデーション未実施
483:Sovereign Pharmaceuticals
 
10)プロバイオティックスの自主回収
:カリフォルニア州,Salmonellaによる汚染の疑い,
Eco Health, Inc recalls product because of possible health risk
 
11カプセル内での結晶化で製品回収:カラコ製薬
:ニモジピンカプセル,リスク発生予防措置としての回収,生物学的利用能への悪影響,同製剤の使用中止勧告
Nimodipine: recall - crystallization of fill material
 
12)抗ガン剤バイアルの自主回収:ブリストル・マイヤーズ・スクイブ社
:バイアルの過量充填,過剰投与による肺/腎臓毒性の発現,受託企業のベンベニュー社で製造
Bristol-Myers recalls vials of cancer drug
USA TODAY, August 30, 2012
 
13)サイモグロブリン25mg/バイアルの自主回収
:ジェンザイム社,分子サイズ分布試験での異常発生,原料品質に疑い,安定性低下による凝集の発生
Recall of thymoglobulin [anti-thymocyte globulin (rabbit)] 25 mg/vial
 
14)製造欠陥対策としての抗ガン剤回収:欧州医薬品庁
:Depo Cyte,徐放性の注射用リポソーム懸濁剤,パシラ製薬サンジエゴ工場で製造,無菌保証の欠如,欠陥是正と再査察で製造再開,代替医薬品入手不能国での予防的措置,発表原文入手先:http://www.ema.europa.eu/ema/index.jsp?curl=pages/news_and_events/news/2012/08/news_detail_001590.jsp&mid=wc0b01ac058004d5c1
EMA deals with manufacturing deficiencies for cancer medicine
by S. Sutton
The Electronic Newsletter of Pharm. Tech., August 27, 2012
 
15)サイクロスポリンカプセルの自主回収:ブラジルGermed社
:ブラジル国家保健監視当局(Anvisa),回収理由詳細未発表,品質逸脱の疑い
Germed recalls cyclosporine after 'quality deviation'
in-Pharma Technologist. com, August 30, 2012
 
16)甲状腺機能低下症治療用内服液剤の自主回収
:英国医薬品庁,Kappin社,エボトロックス,安定性データの変動,製品品質保証不能
Class 2 medicines recall action within 48 hours
 
17)抗ウィルス内服懸濁剤の自主回収
:英国医薬品庁,英国グラクソスミスクライン社,ゾビラックス(有効成分アシクロビル),服用指示事項の誤記
Class 2 medicines recall action within 48 hours
 
18)抗生物質の内服液剤2バッチの回収:デンマーク
:デンマーク医薬品庁(LMST),Meda社,バイアルにプラスチック片混入,製造工程で混入
Do not use Spektramox 50 mg/ml +12.5 mg/ml with batch numbers 96629 and 96630
 
19)ハイドロコドン重酒石酸塩およびアセトアミノフェン錠の自主回収:Qualitest社
:米国FDA,Endo Health Solutions社の子会社,アセトアミノフェンの過剰配合の疑い,過剰量摂取で肝臓毒性発現のおそれ,アルコール性飲料を1日平均3本以上消費している者では発現リスク増加
Qualitest hydrocodone bitartrate and acetaminophen tablets 10 mg/500 mg: recall - potential for oversized tablets