PHARM TECH JAPAN Worldwide News Topics 2013年2月号

ガイダンス関連

FDA
1)企業向けガイダンス:CDER規制対象製品に添加物としてある種のフタレート類の使用を制限
:ジエチルフタレート(DBP),ジ(2-エチルヘキシル)フタレート(DEHP),医療用医薬品,非医療用医薬品,滲出性不純物には未言及
Guidance for industry: limiting the use of certain phthalates as excipients in CDER-regulated products
 
2)グループ申請したANDA補足資料審査手順の更新
:米国ジェネリック医薬品部(OGD),グループ提出した補足資料,一括審査条件,承認事項傍証用安定性データ変更の補足資料は不適,審査手順と方針の改定版原文入手先:
Policies for review of grouped ANDA supplements get update
by S. Karlin
Washington Drug Letter, December 3, 2012
 
3)法的措置:シアン化物中毒処置用と表示した亜硝酸ナトリウムおよびチオ硫酸ナトリウムを含有する注射剤
:既承認医薬品,警告の黒枠表示,未承認医薬品での表示欠落事例,シアン化物中毒処置用と表示した注射剤は新薬
Sodium nitrite injection and sodium thiosulfate injection drug products labeled for the treatment of cyanide poisoning
Federal Register, November 28, 2012
 
4)ガイダンスQ11の公表
:企業向けガイダンスとして採択,Q8(製剤開発),Q9(品質リスクマネジメント), Q10(医薬品品質システム),Q8~10の概念と原則,薬物管理戦略,デザインスペースの設定,規制方策のフレキシビリティ
Guidance for Industry:Q11 development and manufacture of drug substances
 
5)ガイダンス:陽電子放射断層撮影用医薬品の監視査察;質疑応答集
:104の質問とFDAの回答,申請資料提出,審査,CGMP要件遵守,査察,登録リスト収載,ユーザーフィー
Guidance : FDA oversight of PET drug products ; questions and answers
 
6)気管支拡張剤OTC製品メーカー対象の新規コンプライアンスガイダンス
:ぜんそくに警戒することの表示,適応症,使用法などの改定,ぜんそく治療用経口剤,吸入剤,気管支拡張剤OTCモノグラフ適合製品ではFDAの承認不要
FDA releases new compliance guidance for manufacturers of OTC bronchodilators
by A. Gaffney
Regulatory Focus, November 14, 2012
 
7)ヘパリン容器ラベルには全力価表示が要件
:表示変更通知,容器全体の力価と1mLあたりの含量の両方を明示,計算間違い/医療過誤の軽減
Heparin: drug safety communication - important change to heparin container labels to clearly state the total drug strength
 
8)無菌医薬品プロセス査察: コンプライアンスプログラムガイダンスマニュアル
:査察での留意事項,湿熱滅菌,乾熱滅菌/脱パイロジェン,無菌充填,凍結乾燥,アイソレータ・バリアー・テクノロジー,非生物系環境モニタリング,微生物学的環境モニタリング,職員のモニタリング,生物学的指標
Sterile drug process inspections: compliance program guidance manual 7356.002A
http://www.fda.gov/downloads/ICECI/ComplianceManuals/ComplianceProgramManual/ucm125409.pdf
 
カナダ
1)ガイダンス改定:GMP指摘事項のリスク区分:GUI-0023
:逸脱の性質ならびに発生回数,付属書1,リスク格付け事例,施設,設備, 職員, 衛生状態,原料試験,製造管理,品質管理部門,包装資材試験,最終製品試験,記録類,サンプル,安定性,無菌製品
Risk classification of GMP observations: GUI-0023
 
2)ヒト血液および血液成分処理施設に関するGMPガイドライン・スケジュールD付属書14の改定(GUI-0032)
:フォーマットの変更と更新版,製造施設,設備,職員,清浄化,原料試験,製造管理,品質管理部門,包装資材試験,最終製品試験,記録類,サンプル,安定性,無菌製品,付属書A(血液製品製造業務とGMP要件適用対象との関係),付属書B(用語集)
Annex 14 to the current edition of the GMP guidelines - schedule D drugs, human blood and blood components:GUI-0032
 
USP
1) USP<1223>改定の現状
:微生物試験代替法のバリデーション,現行ガイダンスの削除ないし縮小,代替試験法や迅速測定技術のバリデーションでのフレキシビリティ,製品出荷試験とレフェリー試験,代替法に関するガイダンスの提示,エンドユーザーおよび機器供給業者の責任強化
Revision of USP 1223 - current status
by A. H. Schroeder
GMP News, November 21, 2012
 
2)モノグラフ名称設定方針
:医薬品名称設定方法の明確化,臨床上活性を有する分子の名称がモノグラフタイトルに使用,力価で有効成分を単位表示
Monograph naming policy
 
3)USP<232>元素不純物限度と<233>元素不純物測定手順の改定遅延
:意思決定時間の確保が理由,ジェネラルチャプターの技術的欠陥による公表延期,公聴会開催に関する評議委員会の判断待ち
USP<232> elemental impurities?limits and <233> elemental impurities?procedures
by Expert Committee: Executive Committee of the Council of Experts 
 
ICH
1)ICH Q7に関する質疑応答集発行を計画:ICH
:Q7ガイド「原薬GMP」,GMPの解釈に対するQ8~11の影響,査察での期待事項の調和,2014年でのステップ2および4の文書公表
ICH plans Q&A on ICH Q7
GMP News, November 21, 2012
 
EMA
1)概念白書:EU-GMPガイド付属書17「パラメトリックリリース」の改定
:薬事行政/製造環境における変化を反映,Q8~11を使用したプロセスの理解,Q8~11の要件遵守度,出荷システムの設計法
New concept paper on annex 17 of the EU-GMP guide
GMP News, December 5, 2012
 
2)概念白書:EU-GMPガイド付属書15の改定
:GMP環境の大きな変化,Q9/Q10,プロセスアナリティカルケミストリー,連続製造の概念,プロセスバリデーションに関するEMAのガイドライン改定,EU-GMPガイド自体の変更,「専用設備」に関する計画変更
EMA publishes concept paper on the revision of annex 15
DIA Daily, December 5, 2012
 
中国
1)バイオシミラーガイドライン発出の予定
:医薬品登録プロセスの加速,新医薬品登録規則発出後に最終版作成,モノクローナル抗体,エポエチン(EPO),顆粒球コロニー刺激因子,米国のバイオシミラーガイドラインに類似,類似性評価規則の標準化
China to release its first biosimilars guidelines, aims to speed up drug registration process
by Y. Huang
Financial Times, November 16, 2012
 
サウジアラビア
1)適正保管物流規範(GSDP)ガイドラインを公表
:サウジアラビアFDA(SFDA),物流/供給業務とGMP/GDP/適正保管規範(GSP)との統合,旧版のセクション6「建物および施設」とセクション11「文書化」の更新
Saudi Arabia - guideline: good storage and distribution practice (GSDP)
DIA Global Regulatory Activity Digest, November 30, 2012

 

GMP関連

1)医薬品不足に対応するためリスク解析結果の提供を要請:EMA
:欧州医薬品庁(EMA),世界規模での供給チェーンの問題,一時的な混乱状態でも医薬品不足が発生,継続的行政圧力による保安確保方策の変化,未使用場所の利用による能力増大,問題発生時の製造工場での安全対策,類似品がない医薬品
EMA wants manufacturers to offer up drug shortage 'risk analysis'
by E. Palmer
Fierce Pharma Manufacturing, November 27, 2012 
 
2)先発品の再設計が独占禁止法違反の可能性
:連邦取引委員会(FTC),先発品に対する軽微かつ医療効果に影響がない変更,ジェネリック医薬品メーカーとの競合阻害,違法証拠収集規則違反,軽微な変更を加え新製品として発売,市場での独占性確保
FTC files amicus brief explaining that pharmaceutical "product hopping" can be the basis for an anti-trust lawsuit
Federal Trade Commission, November 27, 2012
 
3)髄膜炎患者が二次感染で難渋
:ニューイングランド調剤センター,真菌汚染のステロイド注射剤,二次感染症発生,髄膜炎に関わる脳卒中や中枢神経系で感染症が発生,移動式核磁気共鳴装置による診察
Secondary infections afflict meningitis patients as toll tops 500.
DIA Daily, November 27, 2012
 
4)髄膜炎事故発生について当局の監視不備が判明
:ニューイングランド調剤センター(NECC),FDA査察官への協力と手順改善を約束,当局の懸念に公然と反抗,数年後に全米最大の病院への主要供給業者に成長,NECCへの警告書発出遅延,遅延により指摘事項が実業務へ適用不可と反論,FDAの査察権限を議論,FDAの規制権限を州に委任
Oversight failures documented in meningitis outbreak
by A. Pollack and S. Tavernise 
The New York Times, November 21, 2012
 
5)プロセスバリデーションの実践ガイドを発表:ECA
:欧州コンプライアンスアカデミー(ECA),背景や根拠不明の「3バッチ」に言及なし,ライフサイクルアプローチ,リスクベースの適格性評価およびバリデーション,旧製品,統計学,バイオ医薬品製造でのプロセスバリデーションの事例,連続プロセス検証の事例
ECA publishes good practice guide on process validation
GMP News, November 28, 2012
 
6)EUとイスラエルの合意書を承認:欧州議会
:界製品適合性評価と受理に関する合意書,イスラエルの業界基準と欧州基準との同等性認識,別の業界を対象とした付属書の作成が予定
EU-Israel trade agreement approved in EP 
by the mission of Israel to the EU 
EurActiv Press Release Service,October 25, 2012
 
7)安全医薬品協力機関が中国支部を設立
:公衆保健および医薬品の安全性を改善強化する政府の努力を支援,偽造薬や医薬品の安全性の問題は特定国の問題外,中国政府による偽造薬撲滅の成果
Partnership for safe medicines (PSM) announces groundbreaking China initiative
by E. Palmer 
Fierce Pharma Manufacturing. com, November 29, 2012 
 
8)USP<1116>環境清浄度迅速試験法
:PDAのワークショップ,浮遊微粒子・浮遊菌のサイズと数をリアルタイムで検出する微生物試験法(RMM)の導入,グレードA環境などで非ゼロ結果の傾向を連続把握可能,作業員・設備から発生する微粒子数がランダムに検出可能,製造施設の必要性に応じた適否判定基準・判定方法の必要性,推奨事項の内容・意味に関する十分な吟味調査が必要
USP 1116: points to consider and the role of rapid methods USP 1116
by M. J. Miller
Rapidmicromethods.com, November 13, 2012
 
9)効率的なGMP年次研修管理法
:EU-GMPガイド第2章「従業員」,研修効率,自己研修,社外GMP研修,電子学習用モジュール,電子学習システム,動機付けの問題,定期的な社内研修の必要性
How to manage efficiently annual GMP trainings?
GMP News, November 28, 2012
 
10)不正表示医薬品でロシュ社製品の表示が発覚
:Avastin偽造薬,未承認医薬品の購入,Rituxanの名称で販売されている抗ガン剤,"rituximab"の国外版
Some 'misbranded drugs' turned up in Avastin probe came from Roche plant
by E. Palmer 
Fierce Pharma Manufacturing, November 26, 2012 
 
11)不純物に関する調和の欠如が問題
:USPとICH Q3Dの不調和,USPへの発効遅延を要請,元素不純物業務未完了のまま新要件を導入,供給状況の混乱,余分の経費発生,
Lack of harmonization on impurities a concern, says industry group
by G. Macdonald
in-Pharma Technologist. com, November 14, 2012
 
12)亜硝酸ナトリウムおよびチオ硫酸ナトリウム含有未承認注射剤に関する質疑応答
:未承認注射剤に関する法的措置,製造・販売中止を企業へ通知,未承認製品と既承認品目が市場で競合,連邦公報掲載日から90日以内に製造中止180日以内に物流中止
Questions and answers: unapproved injectable drug products containing sodium nitrite or sodium thiosulfate labeled for the treatment of known or suspected cyanide poisoning
 
13)注射剤成分とガラス容器の配合性に関する査察を強化:中国FDA
:技術ガイドライン要件への適合が配合性要件,品質と安全性の確保,注射剤特性を考慮しながら安全な包装資材の選定,配合性試験完了後に補足資料提出ガラス容器製造施設を定期的検査,供給業者データの遡及調査
China - notification: ShiYaoJianBanZhu 2012/132: notification on strengthening the inspection management on injections with pharmaceutical glass packaging, 08-Nov-2012
DIA Global Regulatory Activity Digest, November 21, 2012
 
14)医薬品登録のための現地査察強化:中国FDA
:医薬品登録規則第61条,現地査察通知受領後6カ月以内に現地査察,現地査察延期申請可能
China - notification: ShiYaoJianBanZhu 2012/129: notification on strengthening on-site inspection for drug registration, 01-Nov-2012 
DIA Global Regulatory Activity Digest, November 14, 2012
 
15)オーストラリア・ニュージーランドの当局統合は計画どおり進捗
:オーストラリア医療製品庁(TGA),ニュージーランドの医薬品医療機器安全規制庁(Medsafe),オーストラリア・ニュージーランド医療製品庁(ANZTPA)の設立,ANZTPAの新しいウェブサイト(http://www.anztpa.org),GMP監査システム,早期警告システム,共通回収システム,発表原文入手先:
Merger of Australian, New Zealand regulatory agencies on track, officials say
by A. Gaffney
Regulatory Focus, November 29, 2012
 
16)汚染注射剤による失明事件に調剤薬局が関与
:ベバシズバブ(avastin)注射剤,製剤菌汚染のため失明,保存剤不含有処方の製剤,Streptococcus mitisもしくはoralis陽性, 医薬品を購入までの品質チェック
Compounder tied to tainted eye meds, lost sight
by K. Fiore
MedPage Today, November 15, 2012
 
17)抗生物質耐性菌への警告
:新種抗生物質耐性菌,抗生物質耐性菌感染症患者治療が不可能,抗生物質の有効性喪失
Scientists warn about antibiotic-resistant bacteria strains.
DIA Daily, December 3, 2012
 
18)試験結果の変造で化学試験施設の許可を保留:カナダ保健省
:安全性確認までの販売一時停止,該当製品のウェブサイトでの公開,販売再開でのリストからの削除
Health Canada suspends license of chemical testing laboratory for providing falsified results
December 4, 2012
 
19)第1回国際漢方薬規則シンポジウムが北京で開催
:漢方薬の監視システム,法律・規則,技術要件,生薬監視に関わる各国の経験,革新的漢方薬開発に関する見解の交換
The 1st international symposium on regulation of traditional Chinese medicines held in Beijing 

製剤技術関連

1)シールの色を変える技術で包装安全性を強化
:カメレオン,シール色調変化技術,包装ポーチやシール開封を色調変化で認識,プレフィルドシリンジ包装でも使用,シールの色調の適宜選定可能
Color-changing sealant technology enhances package security 
by J. Markarian
Pharma Talk, November 14, 2012 
 
2)傷が残らず痛みもないマイクロニードル
:非破壊方式のマイクロニードル,初回通過効果の回避,インスリン,成長ホルモン,ワクチン,バイオ医薬品,タンパク質,ペプチド,感染リスクの低減,ニードルの材質,マイクロニードルの生物学的安全性
Micro needles: no cuts, no pain
Pharmaceutical Weekblad, November 8, 2012
 
3)一部のジェネリック製剤で生物学的同等性が精査
:徐放性ジェネリック医薬品の評価法と基準,ジェネリック医薬品と先発品処方での差,生物学的同等性限度,睡眠剤,多動性障害薬
Some generics to get more scrutiny after generic Wellbutrin withdrawal 
by S. Karlin
Washington Drug Letter,Nov. 19, 2012
 
4)抗ガン剤の新しい送達方法
:細菌に由来するミニセル,薬物治療法の特化,直接腫瘍細胞への抗がん剤の送達,有毒副作用の低減
A completely new way of delivering anti-cancer drugs
World Pharma News, November 12, 2012

原薬関連

1)EUの原薬規則に合格:スイス
:偽造薬締め出し,偽造薬対策指令,EU-GMPレベル達成,EUの質疑応答集
Switzerland, home of Roche and Novartis, gets pass from EU API rule
by E. Palmer
Fierce Pharma Manufacturing, November 26, 2012 
 
2)原薬メーカーの定期的査察の義務化を要求:欧州業界グループ
:医薬品安全性の保証,ICHQ7,ECの偽造医薬品指令,国外企業に対する猶予期間,提携先査察当局との協力
Group seeks mandatory, periodic inspections of API manufacturers
by Z. Brennan
Drug GMP Report, December, 2012
 
3)回収原因として反応タンクの調査を開始:ランバクシー社
:インドからの送付,原料ガラス片の混入,反応タンク,ガラスライニングの破損,
Ranbaxy probes reactor in India as source of recall
by E. Palmer
Fierce Pharma Manufacturing. com, December 6, 2012
 
4)欧州向け原薬品質証明担当当局設置を計画中:インド
:インド医薬品輸出促進審議会(Pharmexcil),所轄当局の新設,発表時期不適切との意見
Indian plans for EU API import compliance still being discussed
in-Pharma Technologist. com, November 26, 2012
 
5)原薬承認後変更要件に関するガイドライン:メキシコ
:レベル1該当の変更,レベル2該当の変更,レベル3該当の変更,製造施設/代替原薬製造業者の追加,原則的にはレベル2または3の変更
Mexico - guidelines on the requirements for post-approval changes of active pharmaceutical ingredients (change of manufacturer or addition of manufacturing site); 28-Nov-2012 
DIA Global Regulatory Activity Digest, December 14, 2012
 

警告書関連

1)OTC医薬品メーカーへの警告書
:中国・上海,原薬試験記録提出拒否,バッチ製造記録の適切な照査未実施,バッチ製造記録と洗浄記録に齟齬,修正液を使用して製造記録を修正,プロセスバリデーション/設備適格性評価未実施,製品使用期限傍証データの欠如,安定性試験サンプル保管庫の未装備,成分供給業者適格性評価の不適切,供給業者の分析結果の信頼性未設定,確認試験・含量試験未実施
Warning Letter: 320-13-02
Shanghai Huhui Daily Use Chemical Products Co.
 
2)医薬品メーカーへの警告書
:カリフォルニア州,水質試験プログラムの根拠薄弱,微生物試験法バリデーション未実施,品質部門の承認なしに製造プロセス条件を変更,洗浄バリデーション未実施,使用期限設定用安定性試験未実施,供給業者適格性評価未実施
Warning Letter: WL 03-13 : 20121022 
I. Shay Cosmetics, Inc
 
3)医薬品メーカーへの警告書
:中国,製造で使用する原料や成分を品質管理部門が未承認,製造・出荷記録が査察官へ提示不可能,製造管理手順書未設定,出荷試験未実施,使用期限傍証データなし,容器・閉塞具供給業者の連絡先提示不可能,製造施設へのFDAのアクセスを不許可,査察の中断
Warning Letter: 320-12-023 
Fercy Personal Care Products
 
4)原薬再包装業者への483文書
:マサチューセッツ州,フェンタニル,硫酸モルヒネ,メタドン,ヒドロモルフォン,ブピビカインの原薬再包装,原薬保管容器特性未確認,恒常的安定性試験の未実施,マスター製造記録の不備,バッチ製造記録の不備
483: Alaunus Pharmaceuticals
Washington Drug Letter, November 26, 2012
 
5)無菌医薬品メーカーへの483文書
:メリーランド州,最終医薬品含量試験未実施,含量試験・無菌試験・細菌性エンドトキシン試験の出荷前未実施,菌汚染原因を未調査,無菌性欠如の根本原因を未確定,環境モニタリング/作業員モニタリングデータの不備,作業衣・保護眼鏡・手袋の無菌性欠如,交叉汚染のリスク調査不備,建物の修復不備,虫の存在,鳥の存在,空調システムの不備
483: Ameridose
 
6)無菌医薬品メーカーへの483文書
:テキサス州,新薬承認申請現場警告報告書提出期限不遵守,苦情対策不備,スキンクリームが異物の発生源,充填ラインのフィルターからの液漏れ,苦情処理手順書の不遵守,使用期限を傍証する安定性データの不備,職員のCGMP研修不備,測定機器校正不備,入荷品のサンプリング不備,輸液バッグ製造用ポリ塩化ビニールシートについてのエンドトキシン試験未実施,手袋の消毒用イソプロパノールのろ過滅菌未実施,設備ごとの使用記録簿不備,
483: Hospira, Inc.
FDA Forms 483
 
7)医薬品メーカーへの483文書
:ペンシルベニア州,製品欠陥の原因調査不備,苦情調査完了期限未設定,品質管理部門の責任・手順が未文書化
483: Hercon Laboratories
 
8)無菌医薬品メーカーへの483文書
:オクラホマ州,品質保証部門による無菌試験記録/異常報告書未照査,作業員研修方法の不備,環境異常原因究明不備,苦情処理手順書の不遵守,無菌試験SOPの不遵守,バイオバーデン措置限度の不備,供給業者の適切性未確認,原材料保管法および保管スペースの不備,サンプル保管温度規定の不遵守,洗浄作業手順不遵守,無菌作業区域のハードウエア管理不備,作業員の清浄度サンプリング不備,器具洗浄・保全のSOP未設定,温度管理データのバックアップ未実施,手洗い/トイレへのアクセス不適切
483:Allergy Laboratories
FDA Forms 483
 
9)OTC医薬品メーカーへの483文書
:ペンシルベニア州,品質管理部門の業務実施不備,プロセスバリデーション未実施使用期限切れの緩衝液使用,品質管理部門の照査承認なしにSOPを改定,試験室記録に記入者のイニシャル/署名なし,定期的CGMP研修未実施,バッチシートへの許容可能収率の未記載,実収量・収率の未算出
483:Alex C. Fergusson 
FDA Forms 483
 
10)医薬品・栄養補助食品メーカーへの483文書
:テキサス州,現場警告報告書を提出期限不遵守,苦情関係文書化不備,規格不適の原因調査不備,サンプリング場所設定根拠不備
483: Mission Pharmacal Co.
FDA Forms 483
 
11)医薬品メーカーへの483文書
:カリフォルニア州,手順書からの逸脱の正当性未立証,成分分離プロセスのバリデーション未実施,含量試験・不純物試験のバリデーション未実施,洗浄保全手順書未設定,製品保管庫温度管理不備
483: Ampac Fine Chemicals, LLC
FDA Forms 483
 
12)医薬品・医療機器メーカーへの483文書
:カリフォルニア州,HEPAフィルター平均気流測定算出未実施,HEPAフィルター修理適否判定基準未設定,目視検査時の照度実測値未記録,消毒法の不備,作業区域間の差圧チェック不備,注射用水サンプリング用SOP不遵守,品質保証部門/管理職の業務実施不備
483:Alliance Medical Products. Inc.
FDA Forms 483
 
13)プレフィルドシリンジの自主回収
:Bracco Diagnostics社,イオパミドール,注射剤,目視可能異物検出による回収
Isovue (iopamidol injection) pre-filled power injector syringes by Bracco Diagnostics Inc.: recall - presence of particulates
 
14)アトルバスタチン・カルシウム錠の自主回収:ランバクシー社
:ファイザー社製品Lipitorのジェネリック版,コレステロール低血症治療剤,1mm未満の砂粒に似たガラス片の混入,物理的刺激による有害事象発生の可能性
Atorvastatin calcium tablets by Ranbaxy Inc.: recall - presence of foreign substance
 
15)Lipitorジェネリック品メーカーが製造停止
:ランバクシー社,第一三共の子会社,インドで製造した有効成分,同意判決対象外工場で製造,FDA査察権限強化
Maker of generic Lipitor halts production
By K. Thomas 
The New York Times, November 29, 2012
 
16)ランバクシー社のアトルバスタチン・カルシウム錠回収に関する声明:FDA
:追加情報の照査結果,回収対象製品による有害作用発生の可能性は極めて低い
FDA statement on the Ranbaxy atorvastatin recall
 
17)ハイドロコドン重酒石酸塩とアセトアミノフェン錠の自主回収:Qualitest社
:Endo Health Solutions社の子会社,国家医薬品番号に続けて大文字のCで始まるロット番号,サイズ要件を超え有効成分も表示含量を超えるおそれ
Qualitest issues voluntary, nationwide recall of 101 lots of hydrocodone bitartrate and acetaminophen tablets, USP 10 mg/500 mg due to the potential for oversized tablets
 
18)カルボプラチン注射剤の自主回収
:ホスピーラ社,可視異物検出が回収理由,異物はカルボプラチン結晶,血流遮へい,局部梗塞,血栓塞栓症のおそれ
Carboplatin injection by Hospira: recall - visible particulate matter identified