• トップ >
  • 藤岡 徹夫の執筆記事一覧
藤岡 徹夫

藤岡 徹夫

株式会社シーエムプラス 代表取締役会長。技術士(総合技術監理、サービス・マネジメント)、認定コンストラクション・マネージャー。
1980年食品会社に入社。粉粒体ハンドリング機器開発ならびにプラント設計・施工管理に従事。1991年、大手エンジニアリング会社に転じ、18年間にわたり国内ならびにメガファーマを含む海外の大型医薬品工場建設プロジェクトにおいて、エンジニアリング・マネージャー、プロジェクト・マネージャーを歴任した。現場で阪神大震災を被災し、以降4ヶ月間、復旧工事の陣頭指揮を執り、不測の事態を乗り越えプロジェクトを成功に導いた実績を持つ。 2009年に株式会社シーエムプラスに入社、コントラクターのプロジェクト・マネージャーとしての豊富な経験を基に、顧客側に立場で基本計画/設計、見積引合/評価、工事契約、機器調達、詳細設計、施工管理、C&Qの全てのフェーズに亘り、プロジェクト・マネジメントをサポートしている。また、建築設備、生産設備の担当エンジニアとしての実績も多く、守備範囲が広い。


※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

藤岡 徹夫の執筆記事一覧

icon_rss.png
  • 2021/04/02

    建設プロジェクトマネジメント

    医薬品の製造には原料メーカー、包装資材メーカ、そして原薬、製剤の外部委託先、試験委託先、倉庫、配送センターなどにより構成されるサプライチェーンが不可欠であり、従い、各サプライヤーに対する品質監査が製薬会社(医薬品製造販売業者)にとって重要な業務となっている。

  • 2020/08/22

    エンジニアリング

    プロジェクトには計画時に予見が困難な不確実性(リスク)が内在しており、プロジェクトの進捗と共に顕在化して想定外の事象(クライシス)を発生させる可能性がある。従い、リスクを特定して管理し顕在化させないことが、プロジェクト成功に向けての大きな要因である。欧米では、リスク管理(Risk Management)よりも損失予防(Loss prevention)と称されることが多い。これは、安全、環境を含めて殆どのリスクの顕在化がコスト損失に帰結される側面を持つことによる。

  • 2017/02/23

    建設プロジェクトマネジメント

    設備投資は、新製品の製造、生産量の拡大、省エネや自動化による製造原価の低減など目的は様々ですが、設備投資の計画内容について経済性計算を行い、その必要性、妥当性を検証しておく必要があります。

  • 2016/06/15

    建設プロジェクトマネジメント

    設備投資は、新製品の製造、生産量の拡大、省エネや自動化による製造原価の低減など目的は様々ですが、設備投資の計画内容について経済性計算を行い、その必要性、妥当性を検証しておく必要があります。

  • 2015/08/27

    建設プロジェクトマネジメント

    ■第1章 序
    本連載では、医薬品工場建設プロジェクトを成功に導くための手順について、ユーザー(製薬会社)の視点で7章に分けて紹介する。第1章ではプロジェクト・マネジメントを核とした重要管理事項について概説する。

  • 2015/08/03

    建設プロジェクトマネジメント

    建設プロジェクトの一般的なフェーズと各フェーズにおける見積りの目的と手法,契約の種類と入札のプロセスについて,ユーザー側の立ち位置から概説した後,プロジェクト遂行におけるCM (Construction Management) サービスへのユーザーの期待とその効果について述べる.