2021.02.09.TUE

品質システム(PQS)

EU/ECA主催のThe GDP Compliance ManagerからのQ&A - Part 1

この記事を印刷する

執筆者:古田土 真一

2/8付のECA/GMP Newsが「Questions & Answers on Good Distribution Practices (GDP) - Part 1」と題する記事を掲載しています。
 
202010月にECA主催で開催されたライブオンライントレーニング「The GDP Compliance Manager」からの質疑応答の一部のようです。
記事内の質問を列記すると以下の通りです。
 
Question 1.1:  What is seen as regular training in GDP; once per two years or a shorter timeframe?
Question 1.2: How should I review the training effectiveness? Qualitatively or quantitatively? Or by any other means?
Question 1.3: There are different types of wholesalers; for wholesalers with a warehouse it is clear that more training is needed per year. However, a commercial affiliate or trading entity only buys and sells the goods and outsources the warehouse and transport.
Question 1.4: The Responsible Person (RP) should ensure a training programme is in place and staff is trained. Can the training tasks be designated to the human resource department or should this be a part of the QA department?
Question 1.5: What would be the preferred content of qualification of the GDP trainer?
Question 1.6: What industry-standard training courses/certification are there for RPs that you can recommend?
Question 1.7: Activities to third parties - Are 3 to 5 GDP-related training courses per year then still needed?
Question 1.8: Are there requirements on training records for specific tasks (handling of deviations, change requests, complaints, release of product etc)?
Question 1.9: What are some examples of how to conduct the periodical assessment of the effectiveness of training?
Question 1.10: Regarding training effectiveness: is a knowledge check mandatory?
Question 1.11: Is it enough with a training plan for the QA team or does it need to be per employee?
 
あくまでEU圏内のEU-GDPをベースとした、トレーナーの見解であり当局の見解ではありませんが、ご参考まで。
 
タイトルにPart 1とあることから、いずれ続編が出て来るものと思います。
 
関係者および興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.gmp-compliance.org/gmp-news/questions-answers-on-good-distribution-practices-gdp-part-1
 

1 / 1ページ

  • arrow03_off.png先頭
  • 1
  • 最後arrow01_off.png

古田土 真一

古田土 真一

GMDPコンサルタント(Pharmaceutical Quality Science Advisor)

1979年より田辺製薬(株)(現田辺三菱製薬)にて合成探索研究、プロセス・工業化研究、CMCプロジェクト開発、治験薬QA、コーポレートQAを歴任。2008年より武州製薬(株)にてQA/QCの管理監督。2009年より中外製薬(株)にて治験薬・医薬品のQA業務・品質システムを改革推進。2013年よりアステラス・アムジェン・バイオファーマ(株)にてCMC・Supply Chain・QAの長として業務構築。2015年より三井倉庫ホールディングス(株)にてヘルスケア製品の事業開発アドバイザーとして業務構築し2020年3月に退職。同2015年より (国立研究開発法人) 国立精神・神経医療研究センター/トランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究支援部アドバイザーとして医薬品開発を支援中。
医薬品の開発から保管・流通までを品質の側面から一貫した経験を活かし、2020年4月からはフリーのGMDPコンサルタントとしてGood Practicesの支援依頼に対応中。