2020.05.15.FRI

品質システム(PQS)

通訳あるあるネタ【第23回】

この記事を印刷する

執筆者:西手 夕香里(通訳・翻訳修士)

通訳あるあるネタ【第22回】

知っていると便利な英語のフレーズ

リクエストにお応えして、知っていると便利な英語のフレーズを数回に分けて紹介します。今回は、7-13を一つずつ解説します(フレーズ7を若干変更し、フレーズ13を追加しました)。

1.    Long time no see!  
2.    That’s a good question.
3.    Good for you!
4.    How was your weekend?
5.    He knows what he is doing.
6.    “I gotta go” or “I've gotta go”
7.    Please keep me posted.
8.    I can't agree with you more.
9.    …and what not.
10.    Let me put it this way.
11.    Having said that…
12.    You got it.
13.    We agree to disagree.

7. Please keep me posted.
オックスフォード現代英英辞典では、keep somebody posted = to regularly give somebody the most recent information about something and how it is developing(案件に関する最新情報や進捗を定期的に報告する)と定義されています。メールやテレカンの締めの言葉としてよく使われます。似た表現に “Keep us in the loop.”があります。Loopは(コミュニケーションの)輪という意味で、「定期的にコミュニケーションしましょう(何か分かったら情報をください)」と相手に伝える便利な表現です。

8.    I can't agree with you more.
否定+比較級で「これ以上同意できない→まったく同感だ」という最上級のような意味になります。似た表現に “How’s it going?(調子はどう?)”と聞かれた時の “Things can’t be better./Never been better.(最高だよ)”があります。

1 / 2ページ

西手 夕香里(通訳・翻訳修士)

西手 夕香里(通訳・翻訳修士)

シミックホールディングス株式会社人財部Senior Interpreter
シミックファーマサイエンス株式会社信頼性保証本部薬事スタッフ(通訳担当)
Monterey institute of international studies (MIIS) 通訳翻訳修士課程終了。自動車関連大手企業で8年 (うち米国勤務が7年) 、米国系大手製薬企業で3年、社内通訳経験を積んだ後に独立。
規制当局によるGxP査察の通訳を中心に医薬分野でフリーランス通訳をしていたが、グループ会社の査察通訳がきっかけで2016年5月にシミックホールディングスに入社。非臨床と臨床を中心に、基礎研究から市販後までのプロジェクトに通訳・翻訳者として関わる。