WHO/抗生物質の使用が国ごとに差あり

※追記更新(2018.11.20)

11/12付でWHOから「Wide differences in antibiotic use between countries, according to new data from WHO」と題するNewsが出ています。
 
WHOによる調査報告から、抗生物質の使用が国によってかなりの差があるというものです。
 
また、本件に伴い、11/12付のRAPSが「WHO Finds Wide Disparities in Antibiotic Use Between Countries」と題して記事に取り上げています。
合せてお読み頂ければ、理解がより深まるものと思います。
 
関係者及び興味のある方は、下記URLsのNews・Report・ニュース記事をご参照ください。
 
l11/12付WHO「Wide differences in antibiotic use between countries, according to new data from WHO
http://www.who.int/medicines/areas/rational_use/oms-amr-amc-report-2016-2018-media-note/en/
 
lReport「WHO Report on Surveillance of Antibiotic Consumption
http://www.who.int/medicines/areas/rational_use/who-amr-amc-report-20181109.pdf?ua=1
 
l11/12付RAPS「WHO Finds Wide Disparities in Antibiotic Use Between Countries
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2018/11/who-finds-wide-disparities-in-antibiotic-use-betwe

【11/20付追記更新】
11/20付のFDAnews Drug Daily Bulletinが 「WHO Finds Wide Variations in Antibiotic Useと題して記事に取り上げています。
興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.fdanews.com/articles/189245-who-finds-wide-variations-in-antibiotic-use
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます