経営

icon_rss.png
  • 2017.02.09.THU

    その他製造関連

    GMP Platform事務局

    日刊工業新聞社が中堅・中小企業の優れた経営者を表彰する「第34回 優秀経営者顕彰」の最優秀経営者賞を、医薬品用タックラベルおよびタックラベル貼り機を手がける、株式会社岩田レーべルの代表取締役社長、岩田真人氏が受賞した。

  • 2016.02.12.FRI

    その他施設・設備関連

    石井 信明

    今回は、経済性評価の事例として、省エネ設備導入プロジェクトにおける評価事例を紹介する。

  • 2015.11.05.THU

    その他施設・設備関連

    石井 信明

    第1回では、投資の経済性評価について、その目的と基本的な考えを述べた。今回は経済性評価手法の解説を行う。

  • 2015.10.08.THU

    その他施設・設備関連

    石井 信明

    本連載では、投資の経済性評価を中心に、簡単な事例を交えながら解説をおこなう。連載で述べることは、既に古くから知られた事柄ではあるが、投資による価値の創造と企業価値の増大をどの様に理解し評価するか、あらためて考えるきっかけとなることを願っている。

  • 2015.08.03.MON

    建設プロジェクトマネジメント

    藤岡 徹夫

    建設プロジェクトの一般的なフェーズと各フェーズにおける見積りの目的と手法,契約の種類と入札のプロセスについて,ユーザー側の立ち位置から概説した後,プロジェクト遂行におけるCM (Construction Management) サービスへのユーザーの期待とその効果について述べる.

  • 2015.03.23.MON

    その他バイオ関連

    渡部 博次

    バイオベンチャーの経営に関わってきた著者の経験をもとに、"数字に関する理論"について考える。(その3) 製薬会社などでベンチャーにかかわったご経験をお持ちでない方にも、是非お読み頂きたい。

  • 2015.02.27.FRI

    モノづくり

    野崎 征彦

    モノづくりの環境をどうやって変えていくのか、変えていくときの条件は何かについて述べる。 そしてさらに、現在の有様を変えるというだけにとどまらず、さらに成熟国家日本がモノづくりで成長していくために、課題大国日本の特性を活かすべきことを述べ、「モノづくりの君へ」の最終回とする。

  • 2015.01.26.MON

    その他バイオ関連

    渡部 博次

    バイオベンチャーの経営に関わってきた著者の経験をもとに、"数字に関する理論"について考える。(その2) 製薬会社などでベンチャーにかかわったご経験をお持ちでない方にも、是非お読み頂きたい。

  • 2015.01.05.MON

    モノづくり

    野崎 征彦

    2回にわたって、取り巻く環境変化を述べつつ、モノづくりの変わるべき姿、筆者が提案するMOTHER FACTORY化について述べる。

  • 2014.12.01.MON

    その他製造関連

    隠居 孝志

    2020年(平成32年)の夏季オリンピック東京大会に向けて、日本をさらに洗練された国、世界中の誰からも信頼される国にする。この国は、そのための新しい出発をするときが来ている。 特に、病気に悩み苦しむ患者さんを顧客とする医薬品企業は、自らの存在意義、自らの経営精神をあらためて強く認識し、それを基軸として毅然とした経営をしなければならない。

  • 2014.11.17.MON

    その他製造関連

    隠居 孝志

    15世紀後半からの大航海時代は、技術革新(造船技術・航海術)と新世界へのロマン。18世紀後半からの産業革命は、技術革新(動力・交通)と自由主義。太平洋戦争後の日本経済の復興は、技術革新(経営技術)と民主主義に依る。換言すれば、日本国民の「平和で豊かな未来への希望」が生み出したものである。

  • 2014.11.04.TUE

    その他製造関連

    隠居 孝志

    近代工業は産業革命から始まった。しかし、産業革命を起こすには商業資本主義の発展が必要であった。歴史は、何かの力によって川の流れのような「線」を描く。その力のひとつは確かに、技術革新である。

  • 2014.11.04.TUE

    モノづくり

    野崎 征彦

    強いMIDDLEを養成するための教育方法や留意点、次世代継承教育実践例、日常の仕事での教育例について述べ、そこでのトップの役割について述べる。

  • 2014.10.16.THU

    そのほか

    隠居 孝志

    社会の価値観の変化に合わせ、自らの使命を果たすために、制度や規則などを柔軟に革新し続けることが、高野連に求められている。 革新がなければ衰退する。それは、あらゆる企業、あらゆる団体に共通する普遍の真理なのである。

  • 2014.10.09.THU

    そのほか

    隠居 孝志

    「高校野球は教育の一環である」という美名を盾に、自分たちの世界を古い体質のまま維持しようとする、自分たちのカルテルの権益を守ろうとする。いつか野球というものが、社会の進歩やスポーツ界の進歩から取り残され、社会から疎外され、化石となるのではないかと危惧している。

  • 2014.10.02.THU

    そのほか

    隠居 孝志

    高校球児たちにとって、甲子園大会に出場するかしないかが、今後の野球人生に大きく影響する。 ならば、どこの地区のどの高校を選び、どのポジション、どのようなタイプの選手であればいいのか、ということが大事なことになる。 結論から言えば、予選の試合数の少ない地区(都道府県)の強豪校である。県外の高校を選ぶのであれば、私立高校となる。私立高校のうち、少子化対策で熱心に誘ってくれる大学付属の私立高校となる。

  • 2014.09.25.THU

    そのほか

    隠居 孝志

    私の部屋から、近くの公立高校のグランドが見える。硬式野球部、サッカー部、女子ソフトボール部の共用グランドである。この野球部は夏の大阪府予選大会だけしか公式戦には出場できない。選手の数が足りないからである。それでも、選手たちは毎日、グランドで練習している。

  • 2014.09.22.MON

    そのほか

    隠居 孝志

    多くの高校野球ファンは、高野連と新聞社を中心とした加齢臭漂うようなカルテルに違和感・嫌悪感を覚え、高校野球は純粋な教育論理だけでは到底成り立たない現実を、十分承知している。 それでも、高校野球を愛してくれる。 しかし、これ以上、それに甘え続けていたら、革新はない。

  • 2014.09.01.MON

    モノづくり

    野崎 征彦

    実践で教育をしていくとき、教育体系例やさらに実務者レベルの効率的教育実践法の例を挙げ、その運用法並びに留意点を示すとともに、幹部・管理者養成のために強いMIDDLEの要件について述べる。

  • 2014.08.25.MON

    その他バイオ関連

    渡部 博次

    バイオベンチャーの経営に関わってきた著者の経験をもとに、"数字に関する理論"について考える。(その1) 製薬会社などでベンチャーにかかわったご経験をお持ちでない方にも、是非お読み頂きたい。

69件中 1-20件目