2018.07.12.THU

そのほか

厚生労働省/災害ボランティアセンターについての情報

この記事を印刷する

執筆者:古田土 真一

7/12付で厚生労働省から「災害ボランティアセンターについて」と題するウェブサイトと通知がなされています。
 
今般の日本列島各地での豪雨に伴う被災地救援のためのボランティア活動支援の一環と思われます。
 
GMP Platform トピックとしてはあまり相応しい内容ではないかもしれません。
また、ボランティア意志のある方は、SNS等の他の媒体で既にご存じだと思います。
 
ただ、医薬品品質に重点を置くGMP Platformのような情報媒体が医薬・医療を担う立場として、少しでもお役に立てることがあるかもしれないと考え、お伝えするものです。
 
興味のある方は、下記URLのウェブサイト並びにサイト内のリンク先の情報をご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121843_00001.html
 
なお、今回の豪雨でお亡くなりなさった方々のご冥福をお祈り致します。
また、まだ行方不明となっている方々が、早く捜索されることを強く願っております。
 

1 / 1ページ

  • arrow03_off.png先頭
  • 1
  • 最後arrow01_off.png

古田土 真一

古田土 真一

三井倉庫ホールディングス株式会社 事業開発室 シニアマネージャー
(国立研究開発法人)国立精神・神経医療研究センター トランスレーショナル・メディカルセンター 臨床研究支援部 アドバイザー

1979年より田辺製薬(株)(現田辺三菱製薬)にて合成探索研究、プロセス・工業化研究、CMCプロジェクト開発、治験薬QA、コーポレートQAを歴任。2008年より武州製薬(株)にてQA/QCの管理監督。2009年より中外製薬(株)にて治験薬・医薬品のQA業務・品質システムを改革推進。2013年よりアステラス・アムジェン・バイオファーマ(株)にてCMC・Supply Chain・QAの長として業務構築。2015年6月より現職。医薬品の開発から保管・流通までを品質の側面から一貫して経験。