2017.03.17.FRI

そのほか

トランプ殿シリーズ第22弾:そちの懐具合はいかがかな?

この記事を印刷する

執筆者:古田土 真一

※追記更新(2017.03.23)

3/16付のRAPSが「Trump FY 2018 Budget Blueprint: Hike in FDA User Fees?」と題して、また同日付のin-Pharma Technologist.comが「Gottlieb or not, Trump budget threatens FDA says advocacy group」と題して、米国FDAを含む予算計画について記事に取り上げています。
資金源として企業による“審査手数料など”をアップさせて補填するのかといったところです。
 
記事元はOffice of Management and Budgetによる予算案ですが、そのタイトルは「A Budget Blueprint to Make America Great Again」となっています。
ここでもトランプ殿一色です・・・。
 
興味ののある方は、下記ニュース記事をご参照ください。

●3/16付RAPS「Trump FY 2018 Budget Blueprint: Hike in FDA User Fees?」
http://raps.org/Regulatory-Focus/News/2017/03/16/27127/Trump-FY-2018-Budget-Blueprint-Hike-in-FDA-User-Fees/

●3/16付in-Pharma Technologist.com「Gottlieb or not, Trump budget threatens FDA says advocacy group」
http://www.in-pharmatechnologist.com/Regulatory-Safety/Gottlieb-or-not-Trump-budget-threatens-FDA-says-advocacy-group

【3/23付追記更新】
3/23付のFDAnews Drug Daily Bulletinが「Trump Budget Proposes Steep Hike in FDA User Fees」と題して記事に取り上げています。
興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
http://www.fdanews.com/articles/181025-trump-budget-proposes-steep-hike-in-fda-user-fees
 

1 / 1ページ

  • arrow03_off.png先頭
  • 1
  • 最後arrow01_off.png

古田土 真一

古田土 真一

三井倉庫ホールディングス株式会社 事業開発室 シニアマネージャー
(国立研究開発法人)国立精神・神経医療研究センター トランスレーショナル・メディカルセンター 臨床研究支援部 アドバイザー

1979年より田辺製薬(株)(現田辺三菱製薬)にて合成探索研究、プロセス・工業化研究、CMCプロジェクト開発、治験薬QA、コーポレートQAを歴任。2008年より武州製薬(株)にてQA/QCの管理監督。2009年より中外製薬(株)にて治験薬・医薬品のQA業務・品質システムを改革推進。2013年よりアステラス・アムジェン・バイオファーマ(株)にてCMC・Supply Chain・QAの長として業務構築。2015年6月より現職。医薬品の開発から保管・流通までを品質の側面から一貫して経験。